2014年08月08日

「小さなプリンセスソフィア」のラップは素晴らしい ほか

ちいさなプリンセス ソフィア Dlife

BSのDlifeで今週たまたまこの子供向け番組を見て、英語音声を聞いたら、なかなか聞き取りやすく、かつストーリーも難しくなくて、これなら英語字幕があれば英語のリスニング学習できるんじゃないかと思って録画し始めたのだが、アニメ自体のクオリティが非常に高いのに驚いた。
(英語学習に使うために、大人も楽しめるコメディードラマを採用すると、あっちの文化的背景にも精通している必要があるのでどうしても日本語訳が必須になる)
ディズニーのアニメといったら、かつては白雪姫とかいまいち動画がぱっとしないのだが、スティーブジョブズが出資したピクサーフィルムを買収してから、信じられないくらい長足の進歩を遂げてしまった。フルCGで全部コンピュータソフトで制作しているから、これまでの蓄積が極めて短期間に反映されやすく、筆者のこれまでの認識であった「CGイコール手抜き」と言う言葉はディズニーに関しては言えなくなってしまった。また、CGアニメが主流になっていくのは間違いの無いと確信した。

 このアニメを見るとはっきり言って、日本はアニメに関して先頭集団から脱落してしまうんじゃないかと思っている。日本のアニメではCGを使った部分は明らかに手抜きのために使用している作品が多く、いい作品はコストのかかる従来型の手間のかかるやり方で、これは作り手の情熱と体力勝負だけで仕事をした成果だった。現在その最右翼にあるスタジオジブリは永久に復活しないのかどうなのか現時点では不明だが、アニメ制作をやめるという報道があった。宮崎駿の引退は相当大きかったようだ。

昨日見た「...ソフィア」では(Wikipediaで調べると邦題は「あおいリボンのウサギ」)、ペットコンテストに出場する話で、ソフィアの相棒といえるウサギ(クローバー)とのやり取りがあり、そこでクローバーと小鳥たちがラップを披露してくれるのだが、これが子供番組なのかと思えるくらいレベルが高くて感動してしまった。基本ラップとかヒップホップの類は邪悪なものを想起させるので嫌いなのだが、子供番組だからそういうものはもちろん微塵も無いのも影響したのだろうが、本当にクールと呼べるものだった。小鳥たち(女性)のコーラスがその道のプロじゃないのかと言うくらい(無論声優をやっているのだからプロなのだが)、いかしている。ラップで感動したことなどこれまで一度も無い。
日本語版ではどうなってんだか分からないが、英語が分かる人なら英語で見た方がいい。
 アニメではないが筆者はDlifeでダンサーの高校生二人が主人公のコメディードラマ「シェキラ(Shake it up)」とかでも人間がやっている本物のラップを何度も見たが、感動を呼び起こすものはなかった。


ストーリーも、子供向けアニメに限って言えば筆者はディズニーの方が好みだ。日本の子供向けアニメは基本的に主人公を執拗にいびるのが定石となっており(セーラームーンのようなキャラ化した主人公のアニメは違うのだろうが)、筆者は子供のとき、そのようなアニメを見てストレスがたまっていたのだ。宮崎駿が手がけた作品がそうだ。「アルプスの少女ハイジ」とか、「フランダースの犬」とか。最近映画でフルCGになった「ドラえもん」もそうだね。こっちは宮崎駿の作品に比べれればそんなに陰湿な感じはしなくてストレスはたまらなかったのだが。脱線するが、いまやっているNHK朝の連ドラ「花子とアン」も最初見た時、子供向けアニメのイメージの感じがして(正確には少女向け漫画)、主人公が一方的にいびられるシーンが度々あったので前半部分はまともに見ていなかった。

もちろんディズニーのアニメも、今見てるソフィアもそうだが主人公が意地悪されるシーンはあるのだが、日本の作品ほどきつくは無い。所詮エンタメであるのだし、否定的感情を引き起こすシーンをしつこく描くのは教育上としても良くないと思う。そういう部分は妙に日本のほうはリアリティを追求しているんだよ。だから筆者は「名探偵コナン」のような殺人事件を扱ったアニメなどは全く見る気がしない。そんなの現実で散々見聞きして嫌な気持ちになっているからエンタメで殺人事件なんて見たくは無いのだ。当然推理ドラマもそうだ。殺人がメインのフィクションは筆者の趣味ではない。

その点「...ソフィア」の場合、人間の否定的感情を強調する部分は少なく、主人公は思いやりがあり、少々の障害があっても前向きな解決法を示す手本にすべき人間なので、見ていて気持ちがよく、心洗われる。単に見た目がかわいいだけのキャラ化した日本のアニメなんかよりずっと子供の情操教育にはいいと思うよ。
ソフィアもキャラクターグッズ販売しているけどね。

posted by danpei at 15:11| Entertainment