2014年08月22日

五島勉がいう「ヨエルの娘たち」の見た世界はこれから始まるのか?

安倍首相、24日現地視察=広島土砂災害、対策アピール

きのう時事通信が「首相、再び別荘入り=災害対応中に静養」と言う記事を書いて、そのYahooコメントがえらく安倍首相に同情的な意見が多く占めていたのは暗澹たる気分にさせられた。何十人も死んだ豪雨災害で記事出稿時でも、この文章を書いている今でも行方不明者多数で被害状況が把握できていないのに、「県レベルの対応」だとか、「首相が出るようなレベル」ではないとか、挙句の果てには「この記事には悪意がある」とは、特権階級意識がある人間が日本にたくさんいるのだろうか? 今日になって防災担当相以下が緊急対策会議を開いたのだ。政治トップの危機対応能力が無いのは明らかだ。惻隠の情が無いと言う人がいたが、まさしくその通りで、他人の気持ちがわからない人間が有事で的確な判断を下せるわけが無い。


Yahooのコメントで、「わざわざ首相の出る幕ではない」という意味のコメントを書いたり、それに対して「そう思う」をクリックした人間は金で雇われたネット右翼なのだろうか? 街宣右翼は在日だと暴露した韓国人ジャーナリストがいたが、ネット右翼もそうなら合点がいく。偽右翼なら天皇家一族が今回の災害の酷さから静養を取りやめた事には口ごもってしまうだろう。

 ネット右翼の言動は、国家間の対立をあおり、国の内部を分裂させ戦争や内乱を作り漁夫の利を得る典型的な欧米の植民地支配のやり方の一環だ。今話題のイスラム国も同様だろう。ビデオで(その後殺された)米国人を捕らえている横の男は白人だ。喋り方もイギリスなまりの英語だという。欧米からの義勇兵なんてのは真実を隠すカムフラージュにしか思えない。どうせビンラディンと同様、以前にアメリカから軍事訓練受けたヤクザものに違いない。
 だからネット右翼が発する、戦前の無邪気な軍国少年が言うような言動には決して踊らされてはならない。ネット右翼は海外で言えばネオナチ、イスラム過激派だ。

この異様な安倍応援コメントで、筆者は幾度となく紹介している五島勉の「ノストラダムスの大予言スペシャル・日本編」に出てきた少女らが見た白日夢の事を思い出した。東京で大地震の後、たくさんの戦車や車が官邸やテレビ局を囲んでクーデターらしき映像が見えたのだと。
そして、日の丸をつけた航空母艦や戦闘機が暑い場所に戦いに行き、エイズの最後のようになって死に、人がドロっと溶けて死んでしまう。そして以下の発言はまさに偽右翼を操っている連中の真の目的といえるであろう。

「それからバッカみたい。そのころ、戦争好きな男の子、結構大勢いて、かっこつけて軍隊作ってみんなで攻めていくんだけど結局その荒地みたいなとこへ、すっごいミサイル飛んできて、みんな全滅しちゃう」P.61

まさに近いうちに起きることを暗示させる発言だ。敵味方に分かれて互いに撲滅するのはかつてのソドムとゴモラ、ムーとアトランティスと同じだ。首謀者が両陣営を操ってやったのだ。今回もそれを推し進めようとしている。前にも言ったと思うが現在戦争を企んでいる欧米のエスタブリッシュメントらは、これらの伝説で首謀した堕天使たちの生まれ変わりだと筆者は思っている。
posted by danpei at 22:33| others