2015年01月22日

最新機能を頻繁に追加更新したら、企業ユーザや開発者は更に保守的になるだろう

(最新技術をいち早く搭載するWindows 10  笠原一輝のユビキタス情報局 )

抜粋
-----
しかも、Windows 7からWindows 8.xへ、Windows 8.1からWindows 10へといった形でのメジャーバージョンアップというのはこのWindows 10が最後になってもおかしくない。というのも、Microsoftに近い関係者によれば、Windows 10の次のメジャーバージョンアップというのは今のところ計画は明確ではなく、いつ出るのかは分からないのだという。もしかすると、このWindows 10が最後のメジャーバージョンアップだったなんてことも十分あり得る状況なのだ。いずれにせよ、一般消費者ユーザーは新機能を追加コストなく、これまでよりも短いサイクルで手に入れることができるという意味ではこの新しいアップグレードポリシーは歓迎していいだろう。

 ただ、この方針は大企業の顧客のように、あるバージョンのWindowsで厳密な動作検証を行ない、それを社内のPCにイメージとして展開していくという顧客にとっては困るとも言える(実際、Androidタブレットが企業ユーザーに受け入れにくいのはこの点も理由の1つになっている)。実際、大企業ではそうして作成したイメージを元に全PCに展開したりするし、Windows Updateも社内に中継サーバーを設けて、セキュリティ上必須のアップデートやシステム管理者が承認したアップデートのみを適用するようにして運用している。そうした大企業の管理者にとって、OSのバージョンは上がらないのに、評価していない機能が自動で増えていくというのは、検証が追いつかないという意味で悪夢としか言いようがないだろう。

 Microsoftもこの点は明確に認識しており、同社が公開したBlogによれば、大企業ユーザーはそうしたWindows 10の新機能追加の機能を無効にすることを選べるようにする説明している。もちろん、大企業ユーザーでも機能を有効にしたい場合もあるだろうし、有効の端末と無効の端末を混在させたい場合もあるだろう。そうしたニーズにも応えられるようにしたいと説明している。
-----

これは、もうグダグダになると言っているようなものだ。FireFoxのようになってしまうのだろう。筆者のソフトはWindows内部をいじくったやつだから現時点でも何ヶ月も経つとWindowsUpdate後うまく動かなくなっているし。

UNIXのバージョンのようにWindows10.xx安定版とかいう名称が一般に広まってしまうのだろうかね? 一歩引いて見て行かないと企業のIT担当者や開発者はMicrosoftに振り回されてしまうね。Windows8のようなラジカルな変化を嫌ったユーザがまた拒否反応を示すんじゃないのか?筆者もその一人になるかもしれない。

まあ、企業のIT担当者が全部Microsoftにお任せするというスタンスなら、業務システムを全部同社クラウドに移行させてしまおうというのも一つの手なのかもしれない。でも、それがコスト安に繋がるかは分からないが。最先端技術を扱う企業ではまずありえない話だね。

個人ユーザなら少し大き目の高性能タブレットを買えば安上がりに済むだろう。OSの値段はタダになるのだし、モニタとキーボードを外付けで取り付ければ十分デスクトップPCの代わりになるだろう。
 仮に個人的そうするのであれば、最低限Windowsは64bit版で8GBのメモリにしないと駄目だな。スマートフォンもそうだが、タブレットもフラッシュディスクの老化が機器全体の寿命につながるので、ブラウザやその他アプリケーションのテンポラリファイルを置くフォルダをRAMディスク上にして製品寿命を延ばしたいのだ。加えて体感速度も上がるし、使っていくうちに反応が遅くなっていくのも防げる。
posted by danpei at 10:07| software