2015年05月03日

世界各国の悪党に餌付けをするのが国是のアメリカに盲従する限り改憲は行うべきではない

憲法記念日で各党が談話 自民「改正に全力

自民党と言うのは勇ましい事を言っている割にはアメリカの戦争経済派にべったりなんだよあ。よく分からん政党だ。戦争党と言うべき共和党の有力政治家マケインがアメリカ議会での安倍首相の演説を評価していたのだから、米国議会の安倍首相に対する異様なまでの歓待の理由が分かるってものだ。これは全世界に対して危険なことである。アメリカの戦争遂行に日本が強力なバックアップを行う事を意味しているからだ。

だから韓国メディアが日米関係が親密になっている事を悔しがっているような事を言っているのがバカみたいに思えてくる。酷い言い方だが、朝鮮民族は昔から「妾(めかけ)根性」しかない民族なのか?自らは何もせず、強い者に取り入ることだけが最上の道と思っているようにしか見えない。つまり韓国も自民党も魅力的な妾になろうと必死になっているのだ。これも酷い言い方だが、ナンバーワンホステスを目指しているようなものだ。だから日本はオーナーになる気は無いのか!と言いたくなる。
 よく、安倍首相や小泉元首相の出自が朝鮮だと言ってる人をネット上で見聞きするが、案外そうなのかもしれない。

日本の保守派はアメリカが押し付けた憲法なんだから改憲するのは当然といいながら、そのアメリカには実質ひれ伏している。何もいえない。プライドなんてない連中なんだろう。いや、アメリカの戦争経済派と同じ意見だから、その思想としては彼らの中では一貫しているのだろう。その最大の足かせが憲法第9条だ。

では、なぜアメリカは世界各地に紛争や戦争の種をまいているのか? このブログで再三言っているように、現在の経済システムが戦争を組み込んだものとして成立しているからであり、それは他国の領地を分捕って部下に分け与えていた戦国武将と同じやり方なのだ。
 大将はアメリカで日本やその他同盟国は配下の有力武将だ。戦争が無いときでも、アメリカは堕落させられた米国民の旺盛な消費行動で配下の国々を貿易で潤わせて、その代わりに自分達の意に従わせる。アメリカが起こしている中東の紛争も石油利権がらみであり、アメリカと同盟国に有利な経済循環を壊されたくないためだ。

最近では中国が台頭して日米がタッグを組んで対応しなくてはならない、またはタッグを組んでいると思っている人が多いと思うが、そもそも今の中華人民共和国の成立にアメリカは大きく関わっている。ロシア革命が起きてソビエト連邦が出来たのと基本的に同じだ。両国ともとびっきりの悪党がトップを占めるようアメリカが仕組んだのだ。それでカネで何でも動く世界各国の悪党どもを使ってあらゆる国家をコントロールしてきたのだし、しているのである。

だから中国の台頭に日米が一丸となって対応するなんて、馬鹿な話である。火付け盗賊であるアメリカ一国で対応しろ!、が筋だろう。北朝鮮の問題にしたってそうだ。南北分断の原因となった朝鮮戦争は、実質米英の資本家に乗っ取られた当時のソ連とアメリカの戦争なんだから予め勝敗の決まったプロレスのようなものだったのだ。だから北朝鮮の拉致問題の遠因はアメリカにある。


安全保障問題も憲法改正問題も、とどのつまりはアメリカとの邪悪なビジネスをやるかどうかの話に過ぎない。日本としてはお茶を濁してアメリカの言いなりにならないように注意すればいい。
 アメリカのビジネスモデルつまり資本主義と言うビジネスモデルは実質崩壊しているのだし、どんなに頑張ってもうまくいくはずがない。このビジネスモデルの終着点は地球人類の滅亡だ。 現時点でもカネのために患者を生贄にしている医療業界を見てもそれは明白だ。
posted by danpei at 10:52| 政治経済