2015年05月03日

アレルギーの原因は毒だろう

新アレルギー治療 〜鍵を握る免疫細胞〜

先ほどBS1で再放送してたが、医学研究者がいまだにワクチン的手法にこだわっているところが奇異に思えたね。これはアレルギーの原因となる物質をあえて取り込んだり、その遺伝子を注入した物質を摂取することでアレルギーを和らげるという手法だ。スーパーでも花粉の入ったキャンディーが売っているがやっていることは基本的に同じだ。

番組はアレルギー物質に反応する攻撃細胞の力を和らげる、制御性T細胞(通称Tレグ)をいかに増やすかに主眼が置かれており、相変わらず近視眼的なものの見方をしている。攻撃細胞の力を人為的に弱めたら、別の病気にが発生しやすくなるのは分かっているだろうに、そんな付け焼刃の様なやり方をなぜするのだろうか? 臓器移植して免疫不適合を抑えるために免疫抑制剤を注入しているのと同じだ。

アーミッシュの人たちがアレルギーに悩まされていないのは子供の頃から家畜に触れ合っているからだと暗に示している部分も、従来型の医学研究者と同じだ。回虫をあえて体内に飼ってアレルギーを抑えたという医者がいるがそれと同じだ。

この番組は、より多くの汚い環境に触れされる事がアレルギーを防ぐことだと暗に述べている。たしかにそうだろう。でもこれは根本的な解決ではない。汚いものに慣れさせるということは、免疫力を後退させてとりあえず平衡状態を保っているだけであり、長期的に見たら寿命を縮めているだけだ。酒が飲めない人でも飲み続ければ、ある程度慣れてしまうのと同じことだ。しかしそんな事をすれば長期的には体を蝕んでしまう。
そもそも、食べ物を食べて死に至る程の強烈な反応を引き起こすこと自体がおかしなことだ。アレルギー反応は体の防御反応であり、人為的に押さえ込むのは根本的に間違っていると思う。

原因は、食べ物に毒があるからだ。それしか考えられない。毒があるからこそ体が強烈な反応を示すのだ。アレルギーで死ぬのはフグの毒で死ぬのと同じだ。毒に汚染された現代で、アレルギー反応を示さない人は単に症状が表に出ないだけで体の内部では何らかの負担を生じているはずだ。

筆者の地獄の様な経験からして、花粉症の毒、そしてにきびの原因は主に脂質に含まれている毒と見ている。筆者も花粉症に苦しめられてきたが、油を徹底的に摂取しないことにより、都心に住んでいるときから大幅に症状が改善した。今は近くにいたるところに杉がある場所に住んでいるが、症状はほとんど出ない。しかし、油の入った加工食品を食べるとすぐに花粉症の症状が出てくる。油断するとすぐに症状が出るからどの商品を食べたら体に変調が出るかすぐに分かる。

脂質に含まれる毒はイコール農薬だろう。それ以外考えられない。番組で芝生に近づくと花粉症の症状が出る人が紹介されていたが、ゴルフ場でキャディーを務めていた親戚の人が肌トラブルに悩まされてきたことからしても、農薬が原因だと思う。

電車や車から見える風景で作物の作付け前の広大な畑を見た事があると思うが、土だけで草などほとんど見当たらない。これは農薬を使っているからではないだろうか?筆者の庭にある畑は農薬をまったく使っていないから、今の季節草ぼうぼうだ。草むしりが日課の様になっている。しかし、すぐ近くの田んぼは、田植えから日数がたってもほとんど雑草が見当たらない。もちろん農薬は使っている。小形ヘリで8月中に散布しているのだし明らかなことだ。無農薬の畑は雑草が生やした大量の根っこがびっしり土に食らい付いているので、電車から見られる畑の様には決してならない。ちょうどいい塩梅で土が団粒化してくれないのだ。むろん、落ち葉がたまって蓄積された土は(側溝にたまった土など)非常にいい土になるのだが、広大な平たい土地でそのような土になるのは自然には出来ないだろう。要するに多くの農薬が畑作では使われているのではないだろうか?

ピーナッツでアレルギーになるのも多くの脂質が含有しているピーナッツに農薬が含有しているからだと思う。体にいいαリノレン酸が多く入っていると言うクルミの実を以前集中的に食べていたときがあったが、残念ながら花粉症の症状が出てしまった。ただし、にきびは出来なかったと記憶している。

にきびも結局は毒を食らっているから出るものだと思っている。特に質の悪い加工食品を食べると即座に出てくる。スーパーで売られている揚げ物などは何度も使い回しをした油を使っているのだろうし、特ににきびがで易い。しかし店によって違いがあるから、良心的な店もあるのだろう。油を高温にするとトランス脂肪酸が出来やすくなるから、揚げ物を食べたいなら自宅で油は一回使い切りで出来立てを食べるべきだろう。

筆者はバターを少し摂取しただけでも即座にニキビが出来る。しかし、小岩井乳業のレーズン入りバターでは出来ない。これは雪印が悪い原材料をいまだに使用している可能性がある。特に大手はコストダウンのためにそうせざるを得ない状況だろう。乳牛が食べているえさが農薬で汚染されている可能性がある。
明治のアーモンド入りチョコレートは背中にニキビが出来てしまう。というか、かさぶたの様なおできの様なものが出来る。質の悪いアーモンドを使用している可能性が高い。実際食べても酷いアーモンドがあったときあった。

仮に花粉症の原因が農薬に原因があると判明しても、今の科学界のスポンサーが石油化学業界にも関連しているために決して公表することは無いだろう。だからワクチン的手法と言う二番煎じのような対処療法しか我々一般市民に提供しないのだ。

健康は悪魔に魂を売っていない人たち同士で保っていくしかないだろう。
posted by danpei at 22:35| healthcare