2015年07月26日

フラップ周りを水で絞った雑巾で拭いたらエアコンのカビ臭い匂いが激減した(他)

家電はせいぜい10年持てば良いほうで、エアコンも冷蔵庫も来年で10年になり、やはり色々不満を持つようになってきている。
冷蔵庫は容量不足で、夏場は特に大量に作物が出来るし、また近所の人から貰ったりするから、それを腐らずに長期保存できる冷蔵庫が欲しくなっている(きゅうりやにんじんはタッパーに入れて冷蔵庫で保存すると結構持つ)。米も品質悪化を避けるために夏は冷蔵庫に入れてるから尚更だ。

エアコンはカビ臭さだ。必ずシーズン始めにスプレー式の除菌クリーナーを1本使い切っているのだが、それでも今年の夏は臭くて叶わなかった。業者がやる掃除を自分でしようかと考えていたのだが(アマゾンでは専用の洗剤や養生シートを売っている)、はっきり言って大掛かり過ぎてやる気が起こらない。
それなら、ダメ元で比較的簡単で手が届く範囲で雑巾で水拭きした。フラップには赤錆の様なものも多く見受けられたし、やる意味はある。

そうしたら、かなり匂いが気にならなくなった。これは嬉しい誤算。ファンの周りを覆っている金属板部分も指を突っ込んでふき取る事が出来るところは拭き取ったのだが、これがかなり汚い。フラップや方向舵(飛行機じゃないけど要は風の方向を変える板)も結構汚かった。赤錆の様な汚れはカビだったのかもしれない。とにかく、使っているエアコンは終了時自動クリーニング後2時間ほど送風するのだがこれが本当に耐えられないくらい臭かったのだ。こんなの始終吸ってたら病気になると思うほどだ。その匂いが激減したのだ。

ファンは汚いが、もし分解して取り出せるのなら取り出したいね。
以前都市ガス用ガスファンヒーターを分解してファンの掃除をしたのだが、それでもそう簡単に取り除けるような代物ではなかった。羽と羽の間隔が短いし、羽が鋭利なので扱いが難しい。洗剤でつけ置き洗いした後、高圧洗浄機で完全にごみを吹き飛ばすくらいしないと完璧には取れないだろう。そう思うほど難しくて大して綺麗にゴミを除去できなかった。
 それでももし、ファンが簡単に外せるなら、業者がやるような大掛かりなクリーニングは必要なくなるのだ。さすがに、フィンは冷媒が絡むところだから、簡単に外せる設計には出来ないかもしれないが、ファンなら簡単に外せる設計にすることは比較的楽なはずだ。ぜひともメーカーは検討してもらいたい。ファンが取り外せるなら、ファンの周りにある湾曲した金属板も雑巾で簡単に取り除ける事が出来る。ここも拭ける事が出来た場所では、結構汚かったから全体でも同じように汚い可能性があある。

エアコンのくさいのは結構改善したが、音がでかくなってきたね。グォ〜ン見たいな音を立てるようになってしまった。それでも雑巾でふき取る前はもっと酷い音だった。

また、ツイッターでも紹介したが、室外機周辺にミスト(霧)をかけると効率が3割ほどアップすると言うことから、室外機のファンの前に水の張った桶を置くようにした。ここは光が当たるところだし、風も当たるから水蒸気が出ていることだろう。全くの主観だが、エアコンが余裕で部屋を冷やしているように感じられる。室外機の上には、すだれとブロンズのポリカーボネートの波板を置いて直射日光を遮るようにしてある。

でも、夏場は大して使わないから良いのだが、うちは冬はずっとつけてるからね。この電気代が半端ない。今のエアコンは10年前より相当効率上がっているだろうし買い替え時なのか? 冷蔵庫は10年前に比べて5000円以上安くなるとか言ってるし。調べたらウチのと比べて同じメーカー(日立)、容量で比較的最近の機種は消費電力が約8割強。
 しかしエアコン(パナソニック)は調べたら驚いたことにほとんど変わってない。最上位機で見たらほぼ同じ。しかし通年エネルギー消費効率(APF)は上がっている。この数値はアテにならない。車の10モード燃費みたいなものだ。重要なのは最大消費電力と冷暖房能力だ。ココの数値がほとんど同じだ。明らかによくなっているのはカビを生やさない各種機能だ。今使っているエアコンに搭載している酸素富膜層は相当前に無くなっている。他社は調べてないから分からないが、パナソニックと似たり寄ったりなら、今のエアコンを長く使うことになるだろう。

暖炉はやはり必要か?だけど、リフォームが必要だからなあ。
posted by danpei at 16:47| hardware