2015年08月11日

電力会社は決して逃れることのできない原発と共に心中するのを先延ばすために再稼動する

経産相 「安全最優先 国が責任持ち対処」
------
鹿児島県にある川内原子力発電所1号機が11日午前、再稼働したことについて宮沢経済産業大臣は記者会見し、「一歩一歩、安全最優先で前進しているものと認識している。原発の再稼働は、エネルギー安全保障や、経済性、それに地球温暖化対策の観点から重要であり、万が一事故が起きた場合には、国が先頭に立って、責任を持って対処する」と述べました。
------
これほど分かりやすい例はない。この世は企業や国のバランスシートのために悪事を容認するのだ。電力の安定供給上、原発は重要と言うのも全部帳簿上赤字にさせないための方便だ。倒産してしまえばゲームオーバーだから、それから逃れるためならなんでもやるわけだ。
 原発も、凶悪な病気を誘発するワクチンも、決して治すことの出来ない毒薬である抗がん剤や精神病治療薬も、金融奴隷に成り下がった地球人類の必要悪なのだ。大企業経営者や政治家は間違いなくそう思っているし、もしくは意識には上らないにせよその様に感じていることだろう。
一応、何度も言うが地球温暖化防止に原発は役立っていない。大量の温水を常に海に吐き出しているのだから。サメが茨城に来てる原因も原発のおかげでもあるだろう。

東京電力が前代未聞の原発事故を起こしたにも関わらず、その後黒字決算を発表できたのは、算定できない廃炉費用を計上していないからだ。普通に考えれば兆単位の不良資産であろう福島第一原発が存在するだけで倒産だ。しかし、事実上絶対に東電から逃れる事が出来ない国と国民が支えているから存続できるのだ。

一方その電力会社は原発を建設し、稼働させた時点で原発廃炉と共に倒産する運命に決して逃れることはできない。現時点でも原発を持つ全ての電力会社は死に体であり、年を重ねるごとに処理が不可能な放射性廃棄物が出るため、途方もない廃炉費用を更に増加させている。
将来必ず起きる悲惨な現実から目を背けたいために、お茶を濁して更に悲惨な未来にしてしまう。それが原発の再起動だ。

国は廃炉費用を国民に転嫁するのは間違いないだろう。原発は国家破産、国家消滅にいざなう究極の時限爆弾だ。

posted by danpei at 13:27| 政治経済