2016年06月10日

ドナルドトランプと舛添要一のアストロロギアの分析

週刊現代のサイトでトランプ候補を心理学者が分析してた記事があって、それで久しぶりにアストロロギアを使って今話題の二人を分析してみた。トランプは意外なところがあったが、舛添の方はまるで既に知ってたかのような結果が出てきたね。特に今はこう思っている人は多いだろう
---------
火星と木星が強い合 (オーブ 1.23)
 吉角・凶角両方の意味を併せ持つが、やや凶意が強い。自分がいちばん偉いのだとおごり高ぶっており、ごり押しをする。すぐにかっとなり、徹底的に争う。粗野で細かいところまで神経がまわらない。エネルギーは極めて大。目標をしっかり見定めれば、それに向かって驀進できる。apie。
----------
相変わらずこのソフトはよく出来ている。
ドナルドトランプ 1946 6/14 23:54JST (14:54UTC) N 40.41 W 73.48

(このソフトは、時刻は日本標準時(UTC+9)で計算していると思われるので、それに合わせた。海外のホロスコープの結果と比べて大きく違いはないから多分問題ないと思われる。)

参考:トランプの海外サイト上のホロスコープ 

木星と天王星が非常に強いトライン (オーブ 0.44)
 発展と変革の調和。良い変化の起こる世代。社会的に変化があり、それが文化的向上につながる。個人的意味としては、独創的な能力によって社会的に活躍できる才能ないしは素質。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

太陽と月が強い衝 (オーブ 1.72)
半月または満月の日の生まれ。満月(衝)の場合、エネルギッシュで、鋭敏な感受性を持つが、やや浮ついている。浮き足だったり、調子に乗って浮かれ騒ぐ傾向。半月(スクェア)の場合も、内面的なエネルギーは高い。人生において、たびたび今までのやり方を見直し、反省する必要に迫られる。その努力を惜しまなければ、飛躍的な発展につながり吉。上弦(反時計回りに太陽→月が90度)の場合、向上してゆくという意味がある。下弦(反時計回りに太陽→月が 270度)の場合、問題を落ち着かせるという意味がある。岩館真理子(上弦)。aino(満月)。萩尾望都、大島弓子(満月?)。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

金星と土星が強い合 (オーブ 1.92)
 見た目はぱっとしないが、内面の深い美しさを持つ。多少屈折している。恋愛においても美的な分野においても、不器用だがまじめで誠実。地道に努力する。フットワークが重く、あまりにいちずなので、試練にあいやすい。鈍重でややアクがある。あかぬけない「ださい人」として悪い意味で目立つことも。でも、そんなあなたの、芯のある、内面の美しさに気づく人がいるでしょう。手塚治虫。斉藤かおる。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

月と土星がクィンカンクス (オーブ 2.61)
このアスペクト(150度)は比較的最近になってひろく注目されるようになったもので、解釈に定説はありませんが、一般に天才と人間関係の摩擦をあらわすとされています。(これをハードアスペクトとして解釈するには第3倍音図を使ってください。第3倍音図ではスクェアになります。イージーアスペクトとして解釈するには、第4倍音図を使ってください。第4倍音図ではトラインになります。どちらの場合も、オーブの設定がタイトだとコンタクトしなくなることがあります。そのときは、この150度のアスペクトは比較的、力が弱いと考えてください。しいて解釈するには、メニューの[設定 - オーブ]でオーブの幅を広げます。)
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

水星と海王星が弱いスクェア (オーブ 3.02)
 鋭い感覚を秘めているが、全般的に物事をしっかりと把握するのが苦手。自分で自分を理解できないことも多い。精神的に不安定で、脆さがある。想像力は豊かだが、それを間違った方向に用いてしまいやすい。嘘をついたり、つじつまのあわない非現実なことを主張する。しばしば自分だけの「お話の世界」の中に閉じこもってしまう。夢想を建設的に生かせれば吉。芥川龍之介。ケネディー。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

月と天王星が弱い衝 (オーブ 3.31)
 鋭い感覚と独創性の持ち主だが、ややユニークすぎる。単に目立ちたいがために人と違った奇矯な振る舞いに及ぶ。天才肌ではあるが偏屈。異常な感覚を持ち、突然ぱっと気持ちが変わることが多い。ユニークな創造性を生かせれば吉。陸奥A子。エジソン。大島弓子?
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

月と木星が弱いセクスタイル (オーブ 3.75)
 柔軟で寛大な精神の持ち主。才能に恵まれ、全般的にツキがある。物の感じ方は鷹揚で品が良い。多感ゆえの脆さはなく、堂々とした貴婦人のごとし。芸術方面に適性。繊細というよりは、まろやかな性格。apie。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

太陽と火星が弱いセクスタイル (オーブ 3.85)
 活力と情熱の調和。非常に精力的な人間を作る。内面はチャレンジ精神と闘志に燃え、外面的にも力強く活動する。手塚治虫。ken。kineg-涼。大島弓子。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

海王星と冥王星がごく弱いセクスタイル (オーブ 4.20)
 信じられないような夢をもたらす世代。終戦直後の1940年代後半、および1960年代にもこの角度ができている。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

月と金星がごく弱いクィンカンクス (オーブ 4.53)
このアスペクト(150度)は比較的最近になってひろく注目されるようになったもので、解釈に定説はありませんが、一般に天才と人間関係の摩擦をあらわすとされています。(これをハードアスペクトとして解釈するには第3倍音図を使ってください。第3倍音図ではスクェアになります。イージーアスペクトとして解釈するには、第4倍音図を使ってください。第4倍音図ではトラインになります。どちらの場合も、オーブの設定がタイトだとコンタクトしなくなることがあります。そのときは、この150度のアスペクトは比較的、力が弱いと考えてください。しいて解釈するには、メニューの[設定 - オーブ]でオーブの幅を広げます。)
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////


舛添都知事 1948 11/29 12:00(出生時刻は不明) 北九州


水星と天王星が非常に強いクィンカンクス (オーブ 0.23)
このアスペクト(150度)は比較的最近になってひろく注目されるようになったもので、解釈に定説はありませんが、一般に天才と人間関係の摩擦をあらわすとされています。(これをハードアスペクトとして解釈するには第3倍音図を使ってください。第3倍音図ではスクェアになります。イージーアスペクトとして解釈するには、第4倍音図を使ってください。第4倍音図ではトラインになります。どちらの場合も、オーブの設定がタイトだとコンタクトしなくなることがあります。そのときは、この150度のアスペクトは比較的、力が弱いと考えてください。しいて解釈するには、メニューの[設定 - オーブ]でオーブの幅を広げます。)
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

金星と木星が非常に強いセクスタイル (オーブ 0.89)
 高潔で品位のある調和のとれた性格。しかも魅力的。そのため人生において成功しやすく、物質的にも恵まれた生活を送りやすい。上品で、美的センスも高く、恋愛運にも恵まれる。上流階級の生活に向く。斉藤かおる。岩館真理子。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

太陽と土星が非常に強いスクェア (オーブ 0.90)
 活力が抑圧される。健康その他、外的環境によって、試練や障害が生じやすい。スクェアの場合、しばしば挫折を味わうが、それは真の向上へのハードルであると知るべし。衝の場合、逆境がかえってエネルギーのみなもととなる。ken。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

月と冥王星が非常に強いスクェア (オーブ 0.91)
 極度に鋭い感性を持つが、情緒不安定。萩尾望都。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

火星と木星が強い合 (オーブ 1.23)
 吉角・凶角両方の意味を併せ持つが、やや凶意が強い。自分がいちばん偉いのだとおごり高ぶっており、ごり押しをする。すぐにかっとなり、徹底的に争う。粗野で細かいところまで神経がまわらない。エネルギーは極めて大。目標をしっかり見定めれば、それに向かって驀進できる。apie。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

海王星と冥王星がセクスタイル (オーブ 2.00)
 信じられないような夢をもたらす世代。終戦直後の1940年代後半、および1960年代にもこの角度ができている。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

金星と火星がセクスタイル (オーブ 2.12)
 積極的で野心的だが、品位があり、正々堂々と物事に立ち向かう。ロマンスに関しては発展家。情熱的な恋愛によって生き生きと輝く。juula。nami。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

金星と土星がセクスタイル (オーブ 2.12)
 抑制のきいた控え目な性格。礼儀正しい。内面の美しさと外面の美しさが調和し、押しつけがましさがない。愛情は冷静。燃え上がるような激しい感情は持たないが、控え目な優しさと、永続する深く誠実な愛情を抱く。美に関する分野でも、堅実な向上が期待できる。ken。liisa。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

火星と天王星が衝 (オーブ 2.25)
 わがままで、どこまでも自分勝手なことを続ける。そのため世間との摩擦が多く、本人も周囲も不幸になりやすい。偏屈でへそ曲り。向こう見ず。突発的な事故や怪我に注意。異常な性的関係に耽溺しやすい。今まで続けてきた物事を急にほうり出すなど、情熱の方向が突然変化するという意味もある。手塚治虫。岩館真理子。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

木星と土星が弱いトライン (オーブ 3.00)
 発展と抑制の調和。堅実な発展にたずさわることのできる世代。世代的な座相であるが、個人的な意味もかなり強い。この吉角、とくに10年に1度できる木星・土星のトラインを持つ人は「社会的にタイミングの良い年に生まれた」ということになり、人生の要所要所において幸運に恵まれやすい。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

木星と天王星が弱い衝 (オーブ 3.48)
 発展と変革のあいだの緊張。この世代においては、急激な社会の変化によって矛盾や問題が生じやすい。個人的意味は、自分のやり方にどこまでも固執してしまうこと。その頑固さに、内省能力が加われば吉。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

火星と土星がごく弱いトライン (オーブ 4.23)
 情熱と地道な努力の調和。野心的、意欲的で勇気があり、しかも腰を据えてじっくりと努力を続ける集中力と持続力もある。人生において成功するタイプだが、雰囲気は陰気で、冷たい感じを与えやすい。kayoko。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

金星と天王星がごく弱いトライン (オーブ 4.36)
 独創的な新しい美を生み出す才能ないし素質の持ち主で、イラストその他の芸術的分野に適性。恋愛観も進歩的。風変わりな人物に惹かれやすい。物事を平和的に変革してゆくことができる。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
posted by danpei at 14:57| Entertainment