2017年12月03日

まずは白鵬引退、八角辞任、公益社団法人剥奪からだ

一部報道で貴ノ岩に対する暴行事件が警察庁と連携する程の事案になっていると報じられている。これが本当なら横綱もしくは元横綱が起訴される可能性もあり、貴乃花の相撲協会に対する非協力的態度など些末な問題になってしまうだろう。
 今朝のフジテレビ「新報道2001」では、この事件をモンゴル人の国民性に矮小化して論じている人がいたがこれは断じて違う。モンゴル人力士は相撲協会の伝統的な体質を表に出したきっかけに過ぎない。覇道が全てのモンゴル人だから王様になった白鵬は土俵内外でやりたい放題をして、昔から常態化している角界の悪しき伝統を図らずも表に出してしまったに過ぎない。


八百長容認は角界の公然の秘密だ。これがバレたら今の相撲協会は持たない。だからガチンコ相撲を望む貴乃花の行為をことさら悪く言う報道が多くなる。勿論一般常識的に言えば貴乃花の信じられないほどの協会不信から来る非協力的態度は理事を務めている身からすれば褒められたものではない。
 しかし、あのような自分の立場が結果的に悪くなっても構わない態度を続けるのは、この問題があまりにも深刻かつ絶対に後に引けない事を意味しているともいえる。土俵外でも貴乃花は生きるか死ぬかのガチンコ相撲をしている訳だ。

筆者としては突如として同窓会に現れた3横綱は貴ノ岩への暴行の為と思っているから警察がこの3人を有罪にしてほしいと思っている。もう相撲協会は警察その他第三者が完全に介入しないと改革できない程堕落しまっているので、警察は特に厳しくしてもらいたい。

希望的観測として、警察が日馬富士は勿論の事、白鵬を最低でも書類送検されるなら、白鵬は即刻引退、八角理事長は辞任、公益社団法人の剥奪は免れない。特に3番目はモンゴルとの関係上、国内外に組織としてのけじめを表明するためにも必須条件だ。この事件はモンゴル人同士の内輪もめだけの問題ではないという事を示す必要がある。

角界は横綱になった力士に対しては何をしても大目に見る風潮がある。「かわいがり」は事実上のしごき、パワハラにほかならず、上位力士が下位力士に睨みを利かせて本場所で自分が有利に働く効果もあるので一種の八百長とも言えるので特に禁止すべきだ。具体的にどれがダメでどれがいいのかというのは細かく明文化しなくてはならない。竹刀やスコップで思いっきり下位力士を叩きつけたり、ビール瓶で殴りつけるなど明文化するまでもなく禁止だが、口に含んだ水を相手に吹きかけたりするような精神的に打撃を与え相手を怯えさせる行為も禁止すべきだ。そもそもそんな事を一般社会でやるなら即座に問題になるのだから、一般社会と同様の視点で判断すべきだ。角界の指導は江戸時代の下手人対する拷問と同じ手法を容認している。

しかし親方や上位力士は、精神のなまっている若手には、これくらいやらないと本気になって強くなろうとしないと思っている人が多いはずだ。「何くそ!」という心を芽生えさせ、どんな事をされてもそれを乗り越えていかなくては上に這い上がることなど不可能だと考えているに違いない。しかし、だからと言って感情的になって制裁を加えるのであれば指導者として失格と言わざるを得ない。ふがいない若手力士、もしくは自分を脅かすであろう若手力士に対し指導の様に見せかけた制裁は、モンゴル人が入門する前からあったのは角界関係者なら口には出さずとも皆認める事実だろう。

横綱の品格というの外国人にはわからないという人がいるが、これは簡単な事だ。相手に対して思いやりの心があれば品格はおのずと備わっていくものだ。
その点において、白鵬は横綱失格なのは言うまでもない。単に勝てばいい訳ではないという批判以前に、勝負が終わった後も感情に任せてダメ押ししたり(自分が土俵外に出ても観客の目の前で思いっきりダメ押しをするのもあった)するのではヤクザやチンピラの所業以外の何物でもないし、相撲を取っている白鵬の心の中はヤクザやチンピラのそれとほとんど変わりがないと言える。

それに相手に対して思いやる気持ちがあるのなら、圧倒的に優勢な横綱という地位にある者は、立ち合い時に毎回ピンタしたりエルボーをかますようなことはおのずと控えるだろう。白鵬や同じくモンゴル人の朝青龍の相撲を見ると、「どうせ俺より弱いんだからふざけたマネするんじゃねえんだよ!」「手間取りさせやがって!」という心の声が聞こえてくるような立ち振る舞いばかりだ。また、このような立ち振る舞いは千代の富士でも見受けられた。しかし、相撲協会幹部は角界が基本的に暴力的体質なので感覚が麻痺しており、ことさら横綱の無礼な立ち振る舞いを問題視することは少なかった。横綱の品格は相撲協会全体の品格も表してもいるのだ。

品格を重視するのであれば、まず相撲のルールや親方の弟子へ指導法の上位に存在する基本理念として、「上位力士や親方は、下位力士や弟子を思いやり、彼らのおかれている状態を自分と置き換えて考える事を忘れてはならない。それにより力士や国技としての相撲の品格が保たれ、高められる。」という条文を設ければいい。そして、この理念に違反する行為が続けば地位を剥奪することもあるよう明文化すればいい。具体的な例で言えば、本場所ではダメ押し1回で反則負け、ダメ押し3回続けたら次の場所では降格、横綱は即刻引退にすればいい。下位力士に張り差しや、かちあげをしたら反則負けも付けるべきだ。また明文化されてない行為でも、基本理念にもとる行為があれば物言いを言える事が出来、協議のうえで反則負けを言い渡すことができるようにすればいい。


posted by danpei at 11:44| sports