2020年08月05日

ベジータはやはり生粋の関西人なんだな(笑)

https://youtu.be/qgjiStXUih0?t=133
【ベジータはとても激しく復讐を誓った】Vegeta vowed vengeance very vehemently《負けず嫌い王の早口チャレンジ》

どうでもいい話。数十年前見たドラゴンボールで悟空とベジータが初めて対決した時、筆者はベジータの声優の全身全霊をかけた迫真の「演技」(適当な言葉が見つからないのであえてこの言葉を使う)に内心、拍手を送りたい気持ちになった。勢いあまってろれつが回らない部分もあるほど気合が入っていたと思ったからだ。

「カカロット(孫悟空の事)の野郎、月を消しやがったな!あったまに来るで〜!」

みたいなセリフを言っていたと思うが、余りにも気合が入りすぎて、筆者はろれつが回らなくて「来るぜ」を「来るで」と言っていたのだと最初見た当時解釈した。正確には「で」と「ぜ」の中間のような発声だったと思う。

しかし、何年か前、ベジータの声優のプロフィールを見た時、大阪出身というのが目についた。
「なんだ、ベジータは関西人なのか!」

と思い、同時に、間違って「来るで〜」と言ったのは、ベジータのネイティブランゲージが思わず出てしまったのだと悟った(笑)

最近ベジータの声優(堀川りょう)のYoutubeを初めていくつか見たが、筆者が悟ったことは間違いないと証明された。上のリンクをクリックすればわかるが、関西弁を喋る堀川さんがいる。
でも、堀川さんが自らの意思で関西弁で喋るベジータの声を聴いたことがない。ぜひとも、Youtubeでドラゴンボールでのセリフを関西弁で喋ってもらいたい(笑)

「これがスーパーベジータのビッグバンアタックや〜」とか、筆者がベジータのセリフの中で一番ウケるセリフである、戦闘力アップのためにバビディの魔術にあえてかかった事を悟空にたしなめられた時の長いセリフ
「ワイは・・・ワイは・・・昔のワイに戻りたかったんや〜!残忍で冷酷な昔のワイに戻って貴様と徹底的に戦いたかったんや〜!…ワイともあろうものが家族を持ち、悪くない気分やったんや〜・・・」
みたいなセリフを言ってもらいたいねえ(笑)・・・これではプロゴルファー猿みたいだな。

でも「だ」を「や」に変えただけではダメで、ベジータのイントネーションはそのままで関西弁のテイストを乗っけなけれなならない。これは結構難しいと思う。頭の中で関西弁を喋るベジータが想像ができない。常に怒ってるようにしゃべるベジータに、常にオチを付ける落語家のような喋りの関西弁を合わせるのは全く想像できない。半グレが喋るような関西弁のテイストで喋ればいいのか?

「あの野郎は王子であるワイを超えやがったんや!助けられた時もあった。絶対に絶対に許さへんぞー!」
「さすがのカカロットはんも部屋の過酷さに音を上げよったか」(これは関西弁か?東日本の人間にはよく分からん。言ってる内容は、大阪というより京都の人が言いそうだな)
う〜ん、やはり物腰の柔らかいイメージになってしまうよなあ(笑)

やはり本人にやってもらわないとダメだな


posted by danpei at 21:26| Entertainment