2021年05月27日

新型コロナワクチンは史上最大の薬害事件になる可能性大

もう既にワクチン接種が原因と思われる急性疾患で死ぬ人が報道されるのは意外だったね。
接種後すぐに体調がおかしくなる人が続出してるもんだからメディアも報道してしまうのだろう。
このコロナ禍というか中国禍はそう簡単に終わりそうもない。


何度も言ってるが中国はチンパンジーのパン君であり、魅力的に映ってもやっぱり危険な国なのだ。
専制国家なのに、欧米や日本が、この国は巨大な市場だからと利用したのが仇になったのだ。
だからこの中国禍は主要国にも責任の一端はある。

今年前半も終わろうとしてもまだこの極悪ウイルスで悩まされている地球人類。経済最優先の地球のほとんどの国は、ワクチンを接種すればコロナ禍を防げると本気で思っている。
しかし、既に接種がほとんど完了したセイシェルなどの国では感染が広がっているという。何度も感染する報道は以前にもあったし、抗体がすぐに消えてしまう証言も何度も目にしている。
しかし各国政府はワクチン接種に血道をあげている。これではワクチン一神教だ。それ以外の方法を全く受け付けない所に狂気を感じる。

そしてワクチンは一回で済むかのような当初の報道からメディアは変節し、(個人的には十分予想していたが)接種は毎年行う必要があるかもと言い始めて来た。全部メーカーに都合の良いシナリオだ。ベータ版どころかアルファ版と呼べるような欠陥品で莫大な儲けが上がった上に補償の必要もなく、毎年接種が必要。インフルエンザワクチンに並ぶ手堅くて極めておいしいビジネスだ。しかもそれが効果が無いものでも、「ウイルスの型が合って無くて蔓延を防げなかった」とアナウンサーが謝罪をしてくれて終わりなんだから笑いが止まらないだろう。

市場を占有出来たら、欠陥品ほどもうかるのが資本主義だ。最近のWindowsも欠陥ワクチンと同じようなものだ。

当然現在の政府はこの欠陥ワクチンの補償を絶対に行う事はないだろう。この落とし前は、数十年経ってやっとその頃の政府が謝罪すると言う、いつものパターンになると思うね。
何故なら政治家らが今行っている自分らの失政を認めるわけがないからだ。認めたら天文学的数値の補償額が必要になってしまう。
だからこのワクチンのおかげで体調不良を起こし裁判沙汰に巻き込まれたくなければ、接種せずに引きこもりの生活をせざるを得ない。これは個人的にも腹立たしい事だ。

新型コロナワクチンは以下の動画でわかりやすく説明してあるが、
https://www.youtube.com/watch?v=WEM2xoyz900
(新型コロナワクチンは危険 新潟大学医学部  岡田正彦)

人体のDNAを変えてしまうものであり、抗体を永久に出し続けるようプログラムされている。それにより自己免疫疾患のようなことが起こり、ワクチンで変更されたDNAを元に修復しなければ死ぬまでその欠陥仕様から引き起こされる疾患に悩まされることになる。実に荒っぽいものだ。DNA内に薬に相当する物質を生成するようにプログラムされているから、普通の飲み薬と違って、飲まなければ症状が治まるという事がなく実に厄介だ。残留農薬のよう、いや、それ以上のタチの悪さだ。

この中国禍から始まった、コロナ禍による「コロナワクチン禍」はそうは収まらないと思っている。多分メディア報道はこれから急激にワクチン関連の報道をやめて何事もなかったようになるに違いない。でも現実はこの欠陥ワクチンの薬害に多くの人が苦しめられることになる。無論メディアや製薬会社は「科学的に証明されない」と一蹴してその体調不良の人たちを切って捨てるだろう。

この「科学的に証明されない」という文言は、極めて都合の良い言葉だ。無能な人間や組織であるほど、自分たちの犯罪行為がこの言葉で免責されるからだ。無能な人間や組織であれば、当然ながら自分たちの犯した災いを詳細に分析することは出来ない。まさに犯罪加害者に有利な現行法そのものだ。裁判所で大手製薬会社は極めて有利な立場にあるのは言うまでもない。

今回の事態は現在の経済システムが完全終了していくステップなのだろう。民主主義諸国内の共産主義化した企業に勤めることが、上等な生き方と言う考えが変わっていくと思われる。つまり都会で働くことがステータスでなくなり嫌がられていくと言うわけだ。中国と言う共産主義国家を利用して大もうけした主要国にいる各国企業が、酷いしっぺ返しにあってるのだ。しかし株価が上がっているではないのかと指摘する人もいるだろうが、今の株式市場は中央銀行のカネで保っているだけだ。

日経ビジネスは東日本大震災が起きた時に「戦後最大の危機」と言ったが、今こそがその戦後最大の危機だ。そして近い将来現在をも塗り替えてしまうほどの戦後最大の危機が訪れるに違いない。
筆者は東京五輪が決まる前から今は緊急事態だと言う認識でいた。理由は当然ながら東日本大震災とそれがきっかけで起こった原発事故が起きたからだ。しかし、今まさにこの緊急事態と呼ばれている中で東京五輪を強行しようとしている。これひとつだけ見ても新たなる戦後最大の危機が起きる土壌が出来ていると言っていい。


posted by danpei at 15:55| 政治経済