2006年08月01日

燃料電池車の時代は絶対来ない

http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20060720/106579/
(URL先では「当分」と書いてあるけど)

水素がガンなのは誰でもわかる。扱いづらいし、かさばるし、すぐ爆発するし、いつの間にか消えてしまうし、埋蔵資源から水素を取り出したら、本末転倒だし。

内燃機関がお得意なメーカーからすればエタノール車の方がいいと思っているに違いない。

官僚にイケズされているガイアックス、死んでないようだね(更新日時からすると仮死状態か?)。よくわからん関係ないメーカーを買収しているようだけど,ああ、これは同じ名前のIT企業か..

筆者は電気自動車が普及して欲しいんだけどね。要するに高性能で安価な充電池が普及すればいいだけのことだ。そうすれば、車だけでなく、内燃機関を使った工具などにも適用されて、騒音公害もだいぶ軽減するだろう。結構、草刈り機の音ってうるさいんだ。
posted by danpei at 14:20| hardware