2006年08月02日

コピーワンスからEPNを検討へ

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060801/119762/

EPN..説明を読んだが頭が悪くてよくわからん。暗号化を施すんだけどコピー回数に制限はないそうだ。しかし、PCを通してインターネットにはアップロードできない仕組みにすると。
..なら暗号化を施す部分が非公開であるというわけだな。
たぶんこれも暗号化解除してくる奴が出てくるんだろう。筆者は前のブログでも書いたが、とにかく低クオリティにした物ならコピーフリーにして欲しいという考えだ。320*200ドットで256色でもいいぞ。(さすがにこれはひどいか)
そうなればコンテンツ所有者にも販促コストが抑えられると思うのだが。

とはいえ、筆者は映画やドラマ、アニメのビデオをたくさんため込むような人間ではないのでどうでもいいのだが。どうせ個人が集めた物は結局廃棄することになるんだから、資源の無駄だ。
過剰な所有欲を持った人が多いから、著作権保護なんて言う問題が大きな問題となるのだ。

言っちゃあ悪いが、大半のドラマ、映画、音楽もそんなに強固にガードするほどの物じゃない。

(成人指定とか、人間の心に害を及ぼすからと言う理由でガードする必要はあると思うが、害を及ぼすものなら、最初から世に出さないよう規制すべき話だ。こういう作品は筆者の想像以上に多いだろう。)

人間がサルにならなくなったら、ガードするのが足かせになってしまうと供給者側は思うし、そして映画、ドラマ、音楽産業が衰退していくんだろう。
posted by danpei at 17:28| Security