2009年07月10日

やはり今年後半以降は波乱か?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000008-jij-int
(M6.0の地震、336人重軽傷=中国雲南省)

以前久しぶりに耳鳴りが頻発していると書いたが、その前兆は確か北海道の南の太平洋側の地震のようだ。上の記事にある地震前も久しぶりにきつい耳鳴りがした。どうも筆者のセンサーは場所が特定できない。16号のパワーレーダーより遙かに劣るな。それはともかく、NPO法人e-PISCOが先月下旬から南関東の大気イオンが濃度が深刻になっており「関東南部大地震 発生は来月以降の可能性」とまで述べている。

地震予知は他にFM局受信でわかるという北海道の大学教授がいたが彼は今どう思っているのか?残念ながらテレビで見ただけで彼の名前を記憶していない。

株価はやっと化けの皮がはがれ始め、円高になり、関係者が悲観的な予想を言い始めてきた。先進国の雇用は崩壊状態なのに経済が良くなるわけないだろう。じゃあ中国、インドを攻略しろと思うかもしれんが、治安が不安で、かつこれらの国も先進国にかなり依存している経済だ。

とにかくあらゆる意味で身軽になっていないと、これからは対処できないだろう。

東はとうとう本性を現してしまったようだな。
「(国政転身せず県知事としてとどまった場合は)1年半、プラーっとさせてもらう」
なんて、最低だろう。大学在学中に知事に立候補したのだから、タイミング重視で任期半ばでも中央政界に行くのは既定路線だったんだろうね。

政治もこれから大混乱必至だ。今は与野党あげ足取りをせずに、建設的な話し合いで政策を詰めてもらいたい。
posted by danpei at 09:54| 地震