2009年09月15日

HAARPの観測データのどこが異常なのか理解できん

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-436.html
(HAARPの法則 - 黄金の金玉を知らないか?)

上のエントリーに書かれた事は、確かにそう見えるが、これを持ってして地震前兆だというのは早計だと思うね。まず、本当に問題なのであるなら、このアラスカ大学提供のデータを当局が現在も公開許可するだろうか?加えて5月15日のデータは今と比較にならないほど大きく振れているし、四川大地震の時より今の方がふれが少ない。Induction Magnetometerの等間隔で出ている斑点が問題だそうだが、四川大地震一週間前には出ていないし、斑点はないにせよこちらの方が強い値が出ている。

筆者はHAARPより、自分の体調変化や動物たちの変化の方を見た方が遙かに確実な前兆を捉えると思うけどね。新潟中越の当日は激しい運動していなかったにもかかわらず体力が突然瞬間的になくなり、宮城M6の時はこれまで聞いたことのないサイレンのような耳鳴りが何日か前にした。

とにかく、人為的な方法がなくても地震は起こってしまうのだ
posted by danpei at 12:54| 地震