2009年09月18日

玉蔵最後のお願いです!

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-437.html
(まだ続くHAARPの格子状斑点について)

選挙活動の最後の訴えのようだが、再度Induction Magnetometerで四川大地震直前直後の2008 5/1〜5/15頃まで見たが、斑点は見つからない。エネルギーは四川大地震の時期の方が強いエネルギーなのは明らかだが。加えて地震後の18,19日も強いエネルギーが出ている。余震も誘発させたというのか?

(追記:アドレスに&Bz=onを最後に付加すれば四川大地震直前の斑点を確認できた。ページ内にSelect one or more channels to view:と言う部分がありBzにチェックを入れていなかったから今まで確認できなかった。
この斑点の後Fluxgate Magnetometeで波形が乱れた直後地震が起きるのだという。でもこれは判然としない。波形が乱れた場所は地震直前に限らないから)一方、e-PISCOで発表している大気イオン濃度では千葉南房総地点が異常値を毎日更新している。過去のデータを見ると1万n/cc以上の値が出るとその後に地震が起こるようである。

リンク先を見ればわかるが9/11以降目盛りで表せないほどの大きな値(5万n/cc以上)を観測している。やはり南関東なのか? 

HAARPの観測ではよくわからんが、e-PISCOのデータは誰が見ても普段とは違う値を示しているとわかる。都会にいるなら、比較的安全とされている地下街でお買い物がいいか?
 でも東京駅の地下はしょっちゅう工事していて普段から危険と感じる。上に電車が走っている所で工事しているのは怖いね。しかもあそこは帯水層があると専門家が言っている。地震で地下から水がわき出したら、水死の可能性だってありうる。東京駅周辺へ行くなら皇居外苑でお弁当が良さそうだ。
posted by danpei at 12:42| 地震