2009年10月08日

エネルギー充填再開か?

http://137.229.36.30/cgi-bin/scmag/disp-scmag.cgi?date=latest&Bz=on
(HAARP Induction Magnetometer)

もう何日も前から明らかに自然のノイズとは言い難い横線が見えるが、何時間前からまたあの疑惑の斑点が復活だ。9月はでかいのが来ると言ったが、それは結果的にサモアとインドネシアの大地震だった。フィリピンにも最近起きたし、なぜかこれらの地域の緯度は似通っている。しかしこれが人工的に誘発された地震とは到底思えない。政治的な意味が考えられないからだ。
 まあ人工地震に関するHAARPのWeb情報は憶測ばかりで何も確たるものなんてない。でも疑惑はあるわけで、北朝鮮やイランなどの弱小国だけではなくアメリカも大量破壊兵器の査察対象として加えてもらいたいものだね。それが真のフェア精神だ。

それにしてもe-PISCOは千葉・南房総測定点を「調整中」にしてみんなに見せなくなってしまったのは腹立たしい。イオン濃度が徐々に下がっていって最低レベルに達したときに地震が発生するという、彼らが言う法則になって行っている最中だったのにだ。
 この理事長の文体からして、内閣総理大臣認証のNPO法人とか言っても見かけ倒しで大したもんじゃないと筆者は感じているから、お話としては話半分に聞いているだけなんだけど。
posted by danpei at 17:12| 地震