2010年10月19日

確かに機器がバラエティに富んでいればソフト開発は大変だ

(Apple、売上200億ドル超 - ジョブズ氏が断言「7"タブレットはDOA(即死)だ」)

Androidを使った機器は色々あるのでソフトを作る側はテストが大変。それなら圧倒的シェアのAppleの製品のソフトだけ開発した方がいい(そこまでJobs氏は言っていないが)。これは確かにそう思う。業界標準が無くバラバラなのはUNIX系OSの宿命なのかもしれない。Javaのソフト開発は、Sunいわく一度コードを書けばどのマシンでも動くとうたっているが、実際は違うという話を思い出す。まあMacOSもUNIXベースだがAppleの独自色に染められて専用OSになった。iOSは知らん。

 やっぱり携帯機器用ソフトは結局その機器専用のソフトにせざるを得ない。そうでなければ使い勝手が悪くなる。特に携帯機器は制限が多いので使い勝手が悪くなるのは致命的だ。
 だから携帯機器用ソフトは機器メーカー主導にならざるを得ないだろう。独立系ソフト会社は現時点で強力なソフトを持っていない限り成功するのは難しいね。既にiPhoneやiPodアプリは大して儲からないという記事が出ているのだし。機器メーカーもAppleの表層的な真似だけしてたら安売りせざるを得なくなるだろう。

儲かるのは独自規格を普及させたAppleとGoogle、そしてパケットが増える通信会社だけか?

筆者は各会社が作った規格の中でしか自由になれないソフトウェアに嫌気がさしているけどね。そしてその規格が年を追うごとにどんどんと厳重になってる感じだ。
このフラストレーションがプロテクトを破るハッカーの原動力になっているのだろう。
posted by danpei at 21:35| software