2011年03月21日

アメリカでは逆に避難指示範囲が広いと批判されている

(半径80キロ避難指示の「科学的根拠」が疑問−米原子力推進団体)

全く所変われば品変わるってか? アメリカなどの避難指示範囲を引き合いにして日本の避難指示範囲は狭いと批判していた人がいたが、この報道を知ったらどう思うのか?また、
「NRCの50マイル退避勧告については「憂慮する科学者同盟(UCS)」も批判しているが、別の理由からだ。UCSは、米国内での緊急避難計画の避難範囲基準が10マイルであるのに、どうして50マイル避難を勧告できるのかと疑問を呈した。 」

これを読むと、日本国民の日本政府に対する信頼を失墜させ、日本人を煽ったのではないのかという疑いさえ出てくる。

まったく、大災害のまっただ中でも自分の縄張りを死守(または拡大)するのに一所懸命だよな、日米のあらゆる階層の人間達は。

日本政府の言っていることの正当性は、各地方自治体が急遽設置した放射線測定装置の計測結果で担保されるだろう。地方の公務員はまだ巨大企業や高級官僚の意向より地元民の意向を気にするだろうから。

だから副島隆彦らが被災現場付近へ行ってガイガーカウンターで測定したのは無駄なエネルギー消費に思える。..というか笑える。相変わらず直情径行な男だ。
posted by danpei at 11:34| 地震