2011年05月07日

動機は不純でも首相の原発停止要請は今後大きな意味を持ってくる

(信じちゃダメだ!スッカラ菅の浜岡原発全面停止要請)

確かに何らかの思惑はあると思う。菅直人のことだし。しかし、不純な動機でも首相が原発停止を公式表明したのは今後大きな意味を持ってくる。裁判の判例のように法的拘束力が無くても関係者への無言のプレッシャーになるのは間違いないことだ。 記事では経産省の入れ知恵だそうだが、経産省が原発停止を自ら進言したとなれば、原発利権で潤っている経産省としては苦渋の決断だろう。今後の展開としては思っても見ない展開を作ることにもなり、筆者からすれば経産省の負けだと思っている。

 多分、気象が年を追うごとに酷くなっているから防潮堤を作っても再開は難しいだろう。アメリカで竜巻による原発停止があったのだし、原発のリスクは地震や津波だけではないのは明らかだ。強烈な風で車やダンプが巻き上げられ原発の建屋に叩きつけられることだって考えられる。
加えて原発そのものがしょっちゅうトラブっているんだ。またも柏崎刈谷でトラブっているし。最悪、爆撃されて破壊されても放射能放出などの二次被害が出ない発電所にしなければこの問題は永遠に解決しない。
 
 人が何万人死のうが、ガンが多発しようが、地球上でしか存在しないカネがたくさん入ればどうでもいいと思っている、自民党の多くの議員や大企業は考えを改めないと、度重なる天災で組織が崩壊していくだろう。
posted by danpei at 17:20| 政治経済