2011年05月14日

原発は水俣病と同じ構図か

(浜岡原発、日常的に排出されている放射能の恐怖!)


上の記事の著者は去年暮れに出された炉心内部で作業を行ったこともある元原発作業員のコラム。原発は海水で常に冷やしているとは知っていたが、まさか温められた海水が放射性物質を含んでいるとは知らなかった。原発のどこがクリーンなのかと言いたくなる。悪い冗談にも程がある。

今回の原発災害でネットで有名になっているという平井憲夫氏(原発プラント設計者、1997年死去、内部被爆のせいでガンになったと本人が言う)のHP
の抜粋を以下に示す。--
冬に定検工事をすることが多いのですが、定検が終わると、海に放射能を含んだ水が何十トンも流れてしまうのです。はっきり言って、今、日本列島で取れる魚で、安心して食べられる魚はほとんどありません。日本の海が放射能で汚染されてしまっているのです。

 海に放射能で汚れた水をたれ流すのは、定検の時だけではありません。原発はすごい熱を出すので、日本では海水で冷やして、その水を海に捨てていますが、これが放射能を含んだ温排水で、一分間に何十トンにもなります。

 原発の事故があっても、県などがあわてて安全宣言を出しますし、電力会社はそれ以上に隠そうとします。それに、国民もほとんど無関心ですから、日本の海は汚れっぱなしです。

 防護服には放射性物質がいっぱいついていますから、それを最初は水洗いして、全部海に流しています。排水口で放射線の量を計ると、すごい量です。こういう所で魚の養殖をしています。安全な食べ物を求めている人たちは、こういうことも知って、原発にもっと関心をもって欲しいものです。このままでは、放射能に汚染されていないものを選べなくなると思いますよ。
--

これほどへこむ話はあるだろうか? 原発からは正常運転でも排気に加え排水にも放射性物質が混ざっているのだ。


沖縄や小笠原諸島でも行かない限り、放射能リスクのない安全な場所は日本にはないな。
最低でも福島県民は他県に逃げた方がいいね。強制疎開を言わない政府の発表は無責任で犯罪的だ。政府発表でも、学校の校庭に1時間以上いては行けないと言っているのだし、そのような場所に住んでいる神経が理解できない。土をひっぺがえして線量を落とすというお茶を濁す対応より中学生以下の子供のいる家庭を優先して強制疎開させるべきだ。

NHKでもメルトダウンを言い始めたのだ。海洋汚染は想像を絶するものだろう。東日本太平洋岸の魚介類は特に避けるべき食材になってしまった。
posted by danpei at 16:08| 政治経済