2011年08月16日

攻めの買収なのか守りの買収なのかわからんな

(グーグル:モトローラを125億ドルで買収合意−端末市場に参入(4) )

最初知ったときは驚いたが記事をいろいろ読むと、特許戦争の為とか、Appleと同じ垂直統合モデルを目指したものとか言っているので、なんだかメリットがあるのか無いのかわからなくなってきた。

仮にMicrosoftが携帯機器メーカーを買収したら携帯機器ソフト大手がすべて垂直統合モデルを採用したことになる(他にもブラックベリーとかあるか)。かつてアメリカの強みは水平分業モデルと言われていたのだが。
Microsoft同様落ち目のソフト会社はハード事業に手を染めると言うことか?これにより無料でAndroidを公開しているのが仇になってしまうだろう。自社の携帯機器だけ優先的に最新バージョンのAndroidを使う可能性が高くなり、反発した他社が独自機能をたくさん付け始めたらプラットフォームとしてまとまりが無くなってしまい、Googleが無料で公開している意味もなくなっていく。無論、前からAndroidは他社が改変できる状態だから混沌状態になりやすい。

...となるとやはりGoogleもAppleのように何もかもコントロールする方向か?

今はあらゆる分野で囲い込み商法ばかりでうんざりだね。
posted by danpei at 08:57| software