2011年10月06日

一企業の製品が一創業者の作品と思われている企業はそうはない

http://www.apple.com/stevejobs/
(追悼 スティーブジョブズ)

一報を知ってから徐々に悲しくなってきたね。一時代の終わりというのか、筆者の青春がどんどんと遠くに行って消え去っていくようで。
 筆者はApple製品のソフト開発は今まで一度もやっていないが、会社でMac版のソフト開発をアメリカの別会社に指示していたときの技術責任者みたいな立場だった。具体的には筆者が作った計算ライブラリの使い方をその別会社に指導していたのだ。 Macに携わっている人間はとにかく、別人種という感じだった。Macでビジネスやっている会社の人が筆者のいた会社に来たときの雰囲気がえらい違っているのにちょっととまどった。その人達が来たときに聞いた会社名も変わった名前があったな。「愛があるから大丈夫」とか、本当にMacでビジネスやっているかどうかは知らんが。

みんな心底Macに心酔している信者ばかりだった。Apple製品を買うことはスティーブジョブズに惚れた信者と思えるほどだ。

スティーブジョブズの本質は芸術家なんだろう。その才能を実際にハイテク製品として具現化し、多くの人に熱狂的に受け入れられる製品を世に送り出す希有な能力を持った人だったのだ。

その上、倒産間際のAppleを立て直しMicrosoftさえも株式時価総額で抜いてしまうほどの商才。Appleから追い出されて舞い戻ったら、初期のMacintoshの成功以上のものを達成してしまう。今のGUIを利用したOSを一般人向けに広めた先駆者は彼だし、スマートフォンの先駆けも彼の功績だ。彼の人生は使いやすいユーザインターフェイスを世に広めて成功した人生だった。(筆者個人はiPhoneを積極的に使いたいとは思わないが)

彼の早すぎる逝去で、ユーザインターフェイスの発展が鈍化するだろう。Appleの将来は不透明になった。彼ほどの能力なら自動車や飛行機のコクピットの設計もやらせたらもっと良いものを作ったかもしれない。
posted by danpei at 14:22| software