2012年05月21日

マルチ2枚重ねで日食が見られた

nisshoku.jpg

金環日食を見るための眼鏡がネット広告で目に付いていたから、家ではどんな日食になるのかと調べたら、金環日食にはならないが結構日食が進むことがわかった。

それで食が一番進む時間までに何とか見てみたいと今朝色々試したら、黒マルチ(畑に張るポリエチレンフィルム)を2枚重ねると結構良いあんばいで見られることがわかった。上の写真は左手で一部切り取ったマルチを2枚重ねにして太陽に向け、右手でカメラ撮影した。
一応サングラスはしていた。

以下は上の写真の日食部分を等倍に引き延ばした画像
nisshoku2.jpg

最大の食から離れていったときに、要は黒マルチ二枚をレンズに被せればちゃんと写真が撮れることがわかった。テープでピンとのばした状態で被せればもっとシャープな映像が取れただろう。オートフォーカスもしっかり作動する。

ちなみにカメラはNikonD40 レンズはAF-S NIKKOR18-55mm F3.5-5.6GU(要はキットレンズ)
絞りf5.6 露出時間1/80秒 感度ISO400 露出補正 -2 焦点距離55mm ホワイトバランス:オート
中央重点測光 エッジを強調した設定

日食の時は周囲が妙な光の具合になり、神龍が出てくる時は初めにこんな感じになるんだろうなと思った(笑)


posted by danpei at 08:29| science