2012年06月15日

池田信夫は福島第一で放射能にまみれて復旧作業に当たった方が良い 他

(定量的にリスクを語れない人々 池田信夫)

人の言葉尻をつかんでもっともらしいこと言ってないで、実際に汗かいて働いてみろと言いたいね。やはりほとんどの経済学者は本当に気楽な稼業なんだろう。まったく、どうしようもない愚か者だ。本当にあきれる。
 「リスクを情緒で語る人」と言って反原発派を批判しているが、それなら福島第一原発に行って復旧活動に従事してもらいたい。「今回はしくじってしまったが、それでも原発を推進したい」と内心思っている政府、官僚、東電でさえも危険地域と指定している所へ。
もっとも何も出来ない部外者だから追い返されるのがオチだがね。
 まず、核のゴミをどうしたらいいのか?途方もない期間を問題なく管理できるのか?加えて実験用原子炉の廃炉でもとんでもない費用がかかるのに、原発がいまだに安上がりなんて言えるのだろうか? 今安上がりに見えるだけにすぎないのだ。帳簿上そう見えるだけに過ぎないのだ。原発はサブプライムローンみたいなものだ。

 こんな単純なことを無視しているこの男は、多分カネという麻薬に冒されてしまった人に違いない。でなければ、こんなあからさまに確信犯的な言動をするわけがない。まるで正々堂々と嘘を言えば国民が納得してくれると思っている野田首相のようだ。

今この地球で大きく対立しているのは、人命は二の次で経済成長と金儲けが最優先のグループと、経済成長より人命を最優先のグループの2つだ。

前者はほとんどの国家の政府組織とそれにつるんでいる大企業が主であり、後者は貧民が主な人達だ。前者は一般市民の意見も自然環境も自分たちの思い通りに動かせると思い上がっている人達のグループであり、目の前に破滅が起きない限り、彼らが自覚していないその驕り高ぶりは直ることはないだろう。

現在、この前者の飽くなき経済活動推進のために、天候が極端から極端に変化しやすくなっており、この地球そのものが徐々に居住に適さない場所になりつつある。作物は育ちにくくなり、突発的な天災が頻発し毎年どこかでインフラの復旧作業をせざるを得なくなっている。

経済が成長一択ではなく、定常状態または経済規模がシュリンクしてもみんなが食っていけるモデルを経済学者は示すべきなのだ。今の経済モデルでは星を破壊しながら一部の人間だけ潤う仕組みであり、いずれその潤っている人間らにも破滅が訪れるのは明らかだ。しかし、こんな危機的な状況なのに多くの浮世離れした学者は自分の意見を異にする他人を罵倒することに精を出している。

池田信夫よ、上から目線で他人をコケにしている暇は無いんだぞ。

反原発の人間を単純に左翼とレッテル貼りして蔑んでいる人もそういえる。
 すぐにレッテル貼りする人は理解能力の低い人間だと公言しているに等しい。医者が訳のわからない病気にもっともらしい病名を付けて分類しているようにね。真相がわからないからとりあえずレッテル貼って分類しとかないと気が済まないのだ。
posted by danpei at 15:36| 政治経済