2012年06月20日

デスクトップOSも各社協業するときが来たのか?

笠原一輝のユビキタス情報局
Microsoft「Surface」がPCメーカーに与えた衝撃


PCメーカー関係者の知り合いなんていないからよくわからんが、そんなに衝撃的なことなのか?筆者には大したこと無いと思うのだが。
 基本的にSurfaceはiPadの二番煎じだし、キーボードが付いている分だけ既存のPCユーザを考慮しているのだろうが、iPadやiPhoneそしてそれらの源流となったiPodTouchの成功の原因は、面倒な操作をなるだけ無くしたからなので、キーボードさえもappleはいらないと割り切ったのも成功の原因の一つだと思う。
 だからSurfaceは、明確なビジョンがないまま単に既存ユーザの使い勝手を考慮した玉虫色の製品だ。
もっとも企業間の関係では、競合他社になるのでいろいろな問題が出るのはわかるが。
端から見ると、PCメーカーはintelやMicrosoftに必死にしがみついて、かつ翻弄されている哀れ..というと言い過ぎかもしれないが、下請け業者的存在になっている。でもこの大手二社におんぶにだっこの所も当然あったと思う。

intelもMicrosoftも競争が激化したため、なりふり構わず他社の事業領域を問答無用で開拓する必要が出てきたのだ。

以前テレビなどに使う組み込み機器用OSを各社で共通化しようというニュースがあったが、デスクトップOSもそうした方が良いと思うね。一から作るのは面倒だが、MicrosoftやIntelに翻弄されないという利点が出てくる。記事にもあるように、新たなユーザ体験と称する物は日本人も提供してきたのだ。それにそのような機能は別にMicrosoftのOSでなくてもいいのだ。

 スマートフォンやその他組み込み機器を見ればわかるが、今のOSやアプリケーションなんてハードの製品サイクルが短いからバージョンアップする必要性が無くなりつつあるので、すぐにコンパイル出来てしまえばどんなOSやCPUでも構わないのだ。肝心なのはハードの使い勝手なのだから。日本企業はソフトの部分をおろそかにしてアメリカ企業に頼ってしまっているからこんな目に遭うのだ。しかし、独自OSを普及させたらアメリカが何らかの圧力をかけてくるかもしれない

appleのビジネス手法は専制政治のようで、それと同じようなことを目論んでいるMicrosoftも同じ運命を歩むのではないだろうか? 要は誰もついてこなくなってしまうのだ。

iTunesを見た限り、品揃えが良くなかったし、appleの統制下にあるアプリケーションストアに嫌気した新聞社(FTだったか)がWeb上で有料サービスを始めたし。要は上前を大きくはねられた上に制限がありすぎるのだ。
 前にも述べたがOSベンダーがアプリケーションストアをやるのは良くない。あまりにも利用者を縛り付けて商売あがったりと思ってしまうので、結局自らの首を絞める自殺行為のように思えるからだ。アプリ内課金に似ているかもしれないが、独自アプリケーションストアを構築するためのプラットホームならOSベンダーが提供しても良いと思う。

どうせ今の経済というのは、ヒットしてもすぐに新しいのが出てヒットするので、今回のiPadもどきが成功するかどうかは疑わしい。
posted by danpei at 09:51| software