2013年02月13日

結局スポーツも利益至上主義に陥って逆に停滞する

吉田「言葉が出ない」=関係者に大きな衝撃―五輪除外候補にレスリング

これは異常なことだ。カネと恣意的な判断が結果を左右したとしか思えない。
テコンドーが良くてその起源である空手がダメ。野球も外されているのだからどれだけIOCは勝手すぎるのだ?それにレスリングの発祥はヨーロッパじゃないか。
IOCはカネでいくらでも評価を変えてしまう格付け会社と同じだ。

国内外のスポーツ関連報道を見ていると、どれもこれも行き過ぎた商業主義が原因となっているね。部活動の先生やナショナルチーム監督による体罰、暴言。大相撲部屋での暴行、殺人。あらゆるスポーツの八百長。ドーピング。
オリンピック、各種ワールドカップ、高校野球、大相撲、プロ野球、WBC、メジャーリーグ、スーパーボール、ツールドフランスなどなど、全部カネカネカネ。清いスポーツなどこの地球に一つもないだろう。
スポーツをすることによる精神の鍛錬なんてまるっきりの嘘っぱちだ。逆に精神がねじ曲げられる。
競技者は将来好成績を上げた事による名誉とその後の収入増のために、主催者や監督の横暴・不正に目をつむり、卑屈になってしまう。

でも、そのカネというニンジンをぶら下げて競技者に鞭打つ時代も崩壊しつつある。今のほとんどの組織はスポーツに限らずカネで一つにまとまっているだけの脆弱な組織であり、そのカネそのものの価値が揺らいでいる今、あらゆるスポーツ関連組織も崩壊していくのだろう。
欧州サッカーも八百長があったりしているのだし、あらゆるスポーツ中継の視聴率は全世界的に下がっていくだろうね。銭ゲバが過ぎると逆に貧乏になるわけだ。

公務員ランナーのように基本的に競技者は一人で競技に参加しなくては腐敗は無くならないかもしれない。
posted by danpei at 09:09| sports