2013年06月16日

代表メンバーは個人能力が高いだけの寄せ集め?

<コンフェデ杯>日本、開幕戦は地元ブラジルに完敗

今の季節朝日が昇るのが早いからその光で早起きになってしまう。だから4時半頃目が覚めて「ああ、やっているじゃないのか」と思い、テレビを付けたらもう1点取られている。これからして眠たい筆者には気持ちがだれてしまったのだが、後半もダメだったねえ。

別の記事で指摘されていたが、海外で輝かしい活躍をしている香川が全く目立たない。一人本田が気を吐いて存在感を見せていたが、どうも日本代表は連携がうまくいってない。

この試合で思ったのは、Jリーグや海外クラブで活躍している人を単に集めたら最強のチームになるわけではないと言うことだ。これは言い過ぎかもしれないが、Jリーグで首位を走っているチームと日本代表が対戦したら、日本代表は相当手こずるのではないのか?

ブラジルは全ての面で日本を上回っていた。日本がボールを持ったら大概二人以上のディフェンスが即座に付いてしまうからすぐに取り返してしまう。攻撃力、突破力は言うまでもないし。最初の1点は、日本人選手が今まで全く真似が出来ていない、筆者が日本人選手に決定的に足りないものと思っている、針の穴を通すシュートで決められてしまった。

このようなシュートで決められるには結構な時間がかかるかもしれないが、選手間の連携はもう少し工夫すれば今回の試合のような完敗にはならなかったと思う。

代表メンバーというのは誰か決定力のある一人を中心として、その人とうまく連携がとれるメンバーを選出すべきではないのかと思った。連携がとれていないから、がむしゃらになる本田が結果的に目立ってしまうのだ。

連携重視で本田のチームにするなら、香川や岡崎は同じピッチに立つことは出来ないだろう。本田が不調なら途中交代で香川や岡崎を投入して彼らと相性の良いメンバーと一緒に交代すべきだと思うが、これは交代人数が限られているルールでは難しい。

やはり、上位に行くにはFWとかMFとかいう言葉などで括ることの出来ないオールラウンドプレーヤーが多くならないと無理なんだろうね。セットプレーや、ゴール付近で点取るだけ秀でたプレーヤーだけでは上位チームでは歯が立たない。状況によって臨機応変に自分の役割を変える事が出来るプレーヤーが多くならないとダメだと言うことだ。そうでないと個人の能力で勝るブラジルには対抗できない。

追記;
余りにもふがいな試合だったからビデオでゴールシーンを何度も見たが、要するに日本代表選手は疲労が蓄積していたのではないのかと思った。イラク戦は5日前にやったし、どっちもホームではなくアウェー。今回の試合は最初からぼけっとしているところが多く、疲れがとれていないから、神経が行き届かなかったように思える。
 イラク戦は主力を全員外して休養させ、次世代を担う選手をピックアップするために、出場機会の少ない選手を出場させた方が良かったのかもしれない。

それにしても本田の両目がいつも振れているのは気にかかるなあ。
posted by danpei at 10:30| sports