2014年01月29日

京大iPS研究所は内心ビビってんじゃないのか(笑)

(体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見
−細胞外刺激による細胞ストレスが高効率に万能細胞を誘導−理化学研究所)


これは凄すぎるね。もしモノになる可能性が高いなら、世界中から注目される。iPS細胞発見ですぐにノーベル賞が出たのに、それ以上の手法と思われるものがその後すぐに開発されるとなれば驚愕だ。
 京大iPS研究所は、まさか同じ日本国内から自分たちの技術をベースとしない万能細胞開発技術が出てしまうとは予期してなかったんじゃないのか?彼らからすれば思わぬ伏兵だ。おまけに、iPS細胞のがん細胞が出てしまう欠点もなく、早く増殖し、技術的にもこれまでの方法と比べてそんなに難しくはなさそうだし。
 日本人としては誇らしく思うし若い女がそのリーダーと言うのも頼もしく思えるし、喜ばしいことだが、研究者達にとって見れば競争相手が突如として現れて大変だよなあ。日本は他の国では見られない多くの電機メーカーがひしめき合って今は落ち目だが、今後は遺伝子工学の領域で日本国内でしのぎを削るようになるのだろうかね?

上のリンクの説明を見ると、まさにこれは「DNAのハッキング」と言うべき手法で、遺伝子工学者はコンピュータではなく生命体のハッキング技術者と言うべき人たちだ。
以下の抜粋がこの研究成果の要点であり、これを読むとまさにハッキングと思わせる。
---
分化した体細胞は、これまで、運命付けされた分化状態が固定され、初期化することは自然には起き得ないと考えられてきました。しかし、STAPの発見は、STAPの発見は、体細胞の中に「分化した動物の体細胞にも、運命付けされた分化状態の記憶を消去して多能性や胎盤形成能を有する未分化状態に回帰させるメカニズムが存在すること」、また「外部刺激による強い細胞ストレス下でそのスイッチが入ること」を明らかにし、細胞の初期化に関する新しい概念を生み出しました。
---

筆者は将来の遺伝子治療と言うのは、受精卵が分裂しないうちにゲノム創薬で問題となる遺伝子を修正するのだろうと思っていたが、上の文章を読むと既に分裂した体細胞でも万能細胞にさせる事が出来るようなので、成人した大人でも遺伝子治療が出来てしまう可能性がある。

万能細胞技術もPCやテレビのように一瞬で廃れてしまうほど研究が進んでしまうのだろうか?筆者は医学は当然のこと、食料問題解決のために食肉も培養できたらと願っているのだが、そうなってくれれば嬉しい限りだ。

iPS細胞は先行逃げ切りで技術を確立して優位性を保とうとするだろう。テレビで言うところの液晶のように。液晶より優れた技術はあるがコスト面で勝てなくて市場に出なかったものがあるから今後実用化のための競争が激化する。
posted by danpei at 23:29| science