2014年02月25日

ますますSTAP細胞の業界破壊力を見せ付けられる話だ

STAP論文、修正へ 共著者の教授「単純ミス」
抜粋
------
若山氏(山梨大教授)は「不作為の単純ミスだと思う。画像は数百枚あり、小保方さんが勘違いで同じものを使ってしまったようだ。私を含め、共著者全員のミス」と話した。
筆頭著者の小保方(おぼかた)晴子・理研研究ユニットリーダーは「指摘されて初めて(ミスが)分かった。全く気付かなかった。研究そのものを疑われるのは悔しい」
-------
ダイヤの原石は磨かれるごとに輝きを増す。驚異的な科学的技術も体制側の権威や権力を破壊してしまうために彼らによる誹謗中傷を浴びるが、その科学技術自体の価値は毀損されない。むしろその逆だ。

科学技術の発展は歴史を見ればわかるが、大概パイオニアと言われている人物はバッシングを受けるものだ。そりゃそうだ、発見者以外は知らない事だし、我々の精神性は科学技術の発展に比べれば極めて低レベルなままで嫉妬や憎悪の感情に支配されている人間ばかりだから当然の結果なのだ。

 特にカネにならない驚異的技術は人類全体にとっては福音だが、体制側にとっては普及して欲しくない技術だ。多分STAP細胞もその一つだろう。


当初からこの論文に対して批判的だった雑誌ネイチャーが自分たちの責任において掲載したにもかかわらず、調査するといったのは、彼らの誠実さからではないだろう。STAP細胞の悪評を世に広めるためだと筆者には思えるね。一方で捏造論文で新薬が承認される世の中なのだ。

 なぜ、論文に掲載した画像が間違っていることをこんなに大げさに報道するのだろう?ケアレスミス程度ぐらい同業者なら察しが付くんじゃないのか?掲載画像のミスで研究成果が全部おかしいというイメージを世間に植えつけるのは、自分達の権威や権力が失墜される可能性が高いから、自分達の所得が減る可能性が高いから大げさに報道したのではないだろうか?

実験で再現できなかったから間違っているとか、論文を読んだだけで間違っているなどと複数の研究者が言っているが、まるで素人が言っているかのようだ。研究者としての基本的な態度がなってない。「できなかった、わからない」という態度がなぜ取れないのか?そういう人間はまず、自分達がそれに対して理解力不足経験不足だということを認識しなければならない。自分がわからないなら間違っているなんていう人間は途方も無い傲慢な人間だ。世界がそんな世界だったら、地球や宇宙も消え去ってしまっているだろう。彼らにも未知の事ばかりなんだから。

また、雑誌ネイチャーもろくな追試をやっていないという事が今回の発表でわかった。この様な雑誌に権威を与えてはならない。
雑誌ネイチャーは国民生活センターと同じようなものだ。

posted by danpei at 09:57| science