2014年04月10日

STAP細胞は早く事業化しないとマスコミに潰される

昨日の小保方氏の会見は相当注目されいてNHKのあさいちでも取り上げられるほどだ。筆者も会見のほとんどを見たが、あの画像取り違えがなければここまでの騒動には発展しなかっただろう。確かにあの画像は捏造と言われても仕方が無い。しかし、この技術を潰す勢力と小保方氏への嫉妬を持つ人らがあら捜しをした結果という疑いは今でも持っている。 前のブログエントリーの記事でも紹介したがネイチャー掲載記事では、癌関連記事の8割以上は再現できないとネイチャー自身が言っているのだから。
 再現性が無いことを厳しく問われ、論文はずさんと思われてしまえば、その技術は潰されたも同然だ。
 筆者は昨日の小保方氏の会見でまず間違いなくSTAP細胞は存在すると思った。質問に対する受け答えの反応速度がワンテンポ遅れず自然であり、表情を見ても猫を被っているようには思えない。正直さえ思えるほどだ。彼女に比べればSTAP細胞に関する理研の調査メンバーの方が面の皮の厚い連中に思える。

研究ノートを公開できないのかと問い詰める記者がいたが、自分が苦労して得た手法であり自分の優位性を保つ肝心のものを「はい、そうですか」と言って公開するやつがどこにいるのか? まだまだよちよち歩きの技術で、かつ特許に絡む技術だから全公開できない状態なのだろう。
 疑惑があればなんでも公開すべきだとメディア関係者は思っているのだろうが、自分らの所属する業界では「取材源の秘匿」を声高に叫んでいることを忘れたのか? 特ダネを持っている人間はそれによって自分の将来の所得の保証が得られるのだ。この経済システムでは自明の論理だろうに、バカじゃないのか?

「研究ノートが誰にでもわかるように記述していなければその技術は存在しないも同然だ」と言った同業者に言いたい。そのような人間は査察官としては有能だろうが、研究者としては無能でしか思えなし、第一傲慢な人間だ。自分が理解できなければ全ての自然現象は嘘だと言っているようなものだ。まさに神を気取った勘違い人間だ。
 研究というのは最初から理路整然と行える訳ないじゃないか。ああでもない、こうでもないと悩んでそれをいちいち記述していたら思考速度が大幅に減速して莫大な時間のかかる研究時間が更に少なくなってしまう。この様な批判をする人間は学校や職場にいるイジメグループ内での秩序を守る頭のような人間だ。グループ内では正当でも、本質からは逸脱している人間なのだ。
 研究は試験問題に理路整然と答えを書かれたようにたどり着くようなものではないのは当然わかっているだろうに、批判することだけは一丁前の人間が多すぎる。思い悩んでいることの変遷を誰にでもわかるような形で記述できたら、それはもう小説家だろう。

要するに小保方さんは見た目は現代風でも、手法としては爆発ヘアをして資料がそこらじゅうに散乱して、機嫌悪くタバコを吸っているという、我々部外者が勝手に思っている、「いかにも」な研究者タイプなのだろう。研究者としては優れているが社会性が無く、他人が自分をどう見られるかと言うことに関心が無い人のように思われる。もちろん女性としての見た目は気にしているのは明らかなのだが、ここで言っているのは研究成果についてだ。

小保方さんは権力欲の虜になっている人間や嫉妬や憎悪の感情に支配された多くの人のことを考慮していなくて、自分の研究成果で世の中が良くなると何にも知らない子供のように思って公表してしまった。もちろんその感情を否定する気はさらさら無いのだが、余りにも無防備すぎだった。

この様な強力な技術は既得権益者の利益を大きく毀損する可能性があり、理研も慎重に対処しなければならなかったのに、彼女をスター扱いした報道を許してしまったし、そうなるように誘導してしまった。

昔から画期的発見や手法を見つけた人は、その当時の既得権益者からバッシングを受けて、手法や理論は後の標準なってもその発見者は憂き目に遭っている事を理研の上層部は知らないのだろうか?アインシュタインでさえも自分はバカにされ疎外されていると思っていたのだ。まず我々人類の精神性はきわめて低い段階にある事を色々な意味において我々自身考慮しなくてはならない。

理研は小保方氏一人を悪者にするのではなく、和解しこの技術の事業化をすぐに開始しなければならない。理研は以前に事業化したものが幾つもあるのだから出来ないわけではないだろう。事業化に成功した時点で全ての技術を大々的に発表した方がいい。特許出願中の新商品だってあるのだ。ネイチャーに発表した程度で浮かれたらマスコミや反対勢力に潰されるのだ。

posted by danpei at 10:26| science