2014年10月01日

ユーザは何より個人情報収集をしないOSを強く求めている

テクニカルプレビューは10月1日公開、発売は2015年後半:
Microsoftの次期OSは「Windows 10」
Windows 8/8.1の後継となる次期OSは、うわさされたWindows 9ではなく、「Windows 10」となる。テクニカルプレビューは10月1日公開(米国時間)、製品版は2015年後半の発売予定だ。



結局ユーザインターフェイスがデスクトップ主体に先祖がえりした。しかし、タブレットやスマートフォン上ではWindows8.1と同じく自動的にタイルインターフェイスがデフォルトになるだろう。やっとこのことに気がついたのだ。
 Microsoftが思い込んでいる使い勝手の良さを強制するような事をするから失敗したのだ。スマートフォンの基本インターフェイスの元となった、iPod Touch登場のように、今までになく、よく考えられたものであるならユーザは受け入れるが、Microsoftはそれを単に考えもなしに全てのPCに押し付けたのだから反発が起きたのだ。

タッチインターフェイスは大雑把な作業には有効だが、創造的作業の発生する業務には不向きだ。要するに主に屋外向きのインターフェイスなのだ。こんなことも事前に気がつかないMicrosoftはバカとしか言いようが無い。一方タッチインターフェイスを流行らせたApple社自体は携帯デバイスだけタッチを全面採用しているのに対し、デスクトップOSのMacOSは従来のままだ。

続きを読む
posted by danpei at 09:36| software

2013年06月27日

Windows8はやはりユーザのプライバシーがMicrosoftに筒抜けか ほか

Windows 8は、まずセキュリティ機能をチェックせよ


抜粋
-----
(コンピュータセキュリティ研究者でセキュアなオープンソースチャットプラットフォーム「Cryptocat」を開発したナディム・コビーシ氏の発言)
「Windows 8には『Windows SmartScreen』という機能があり、インターネットからインストールしようとするアプリケーションを1つ残らず検査して、インストールを続行するのが安全かどうかを知らせてくれる」という。理論的には良いことに思えるが、「大きな問題は、Windows 8ではユーザーがダウンロードしてインストールした全てのアプリについて、直ちにMicrosoftに知らせる設定になっていることだ。これは極めて深刻なプライバシー問題だ。ここでのMicrosoftは権力およびデータ収集/保持の中心的存在だ」
-----
最初のインストールからして携帯番号など個人情報を送信するような仕組みになっているのでそれだけで敬遠するWindows8だが、インストールしたアプリも収集しているか。
続きを読む
posted by danpei at 09:50| software

2012年11月28日

最新のWindows8アプリはMicrosoftの監獄に閉じこめられた鳥のようだ

(ここがダメだよWindows 8/RT )

著者の主張
---
Windowsのさらなる発展のために、3つの改善を提案したい。
(1)「スタート」メニューの復活、
(2)中央集権的なアプリ配布モデルの廃止、
(3)Windows RTのアプリ開発手法の制限撤廃
--

(1)は多くの人がそう思っているだろう。筆者もそうだが、最大のガンは、メディアプレーヤーなど付属のデスクトップアプリを実行後、起動後に必ず現れるタイル形式のメニューに戻ってしまうのだ。
続きを読む
posted by danpei at 09:33| software

2012年10月19日

ウイルス作成にVisualStudioを使うのはごく自然なことだ

プロの開発者が作成か=高価な専門ツール使用−証拠隠滅の痕跡も、PC遠隔操作

「このウイルスを入手、解析した情報セキュリティー会社「ラック」(東京都千代田区)の西本逸郎専務理事によると、ウイルスは「VisualStudio2010」というソフト開発ツールを使って作成されていた。数万円から数十万円以上する専門的なソフトで、素人が購入することは考えにくいという。」

ツイッターのトレンドを見てこの記事を読んだが、アホすぎる記事だ。筆者も一応専門家だが、VisualStudioはWindowsアプリ開発の標準的な開発ツールで、このツールの開発元であるMicrosoftがサードパーティを事実上ぶちのめしたから、オープンソース以外これしか開発ツールは事実上選択せざるを得ないのだ。正確には他にもあることはあるが、ほとんど存在しないに等しい。ウイルス作成ならこれを選択するのはごく自然なことだと思うよ。
続きを読む
posted by danpei at 09:55| software

2012年09月05日

今更ながらWindows7のタスクバーは逆に使いづらい

次期バージョンがもうすぐ出るのに今更なのだが、Windows7のタスクバーは実際に使ってテストしたのかと思うほど使いづらい。プログラミングをしていると大量のウィンドウを開くから特にそう感じる。

具体的には同じアプリケーションが複数のウィンドウを持っているとWindows7のタスクバーはまとめるのは知っていると思うが、その複数ウィンドウのどれかを選択する際、必ずその中のどれかを選択しなくてはならないのが気に入らないのだ。

 インターネットエクスプローラ(IE)が一番わかりやすい。バージョン9になると、複数のタブウィンドウがあると、タスクバーではその中のどれかを必ず選択しなくてはならない。言葉で書いていると訳がわからないが、多数のタブが表示してあると、タスクバーにも表示したタブの分だけ大量の選択項目が現れ、以前どのタブを見ていたのかを探す必要があるのだ。
続きを読む
posted by danpei at 15:19| software

2012年06月24日

レンタルサーバーのバックアップ専門業者があれば..他

(ファーストサーバの大規模障害、データ復旧は不可能)

「レンタル・サーバ・サービスを展開するファーストサーバは6月23日、同月20日に発生した大規模障害に関して、データ復旧が不可能であると発表した。顧客には各自で取得したバックアップ・データによる再構築を行うよう呼びかけている。同社ではサービス約款に従い損害の賠償を行うとしている。」

最近知ったが、ソフトバンク関連会社だそうだね。サイボウズとか小林製薬とか結構有名所も使っているそうで、そんなに知名度があったのか?それとも安かったから使っているのか?
酷い話だ。でもソフトバンク傘下ならあり得る話だと合点してしまうのだが。

現在このブログがある「さくらのブログ」のバックアップはどうなってんだろうね?続きを読む
posted by danpei at 09:19| software

2012年06月20日

デスクトップOSも各社協業するときが来たのか?

笠原一輝のユビキタス情報局
Microsoft「Surface」がPCメーカーに与えた衝撃


PCメーカー関係者の知り合いなんていないからよくわからんが、そんなに衝撃的なことなのか?筆者には大したこと無いと思うのだが。
 基本的にSurfaceはiPadの二番煎じだし、キーボードが付いている分だけ既存のPCユーザを考慮しているのだろうが、iPadやiPhoneそしてそれらの源流となったiPodTouchの成功の原因は、面倒な操作をなるだけ無くしたからなので、キーボードさえもappleはいらないと割り切ったのも成功の原因の一つだと思う。
 だからSurfaceは、明確なビジョンがないまま単に既存ユーザの使い勝手を考慮した玉虫色の製品だ。
もっとも企業間の関係では、競合他社になるのでいろいろな問題が出るのはわかるが。
続きを読む
posted by danpei at 09:51| software

2012年06月11日

OSベンダー主導のアプリケーションストアはサードパーティを根絶やしにする

(COMPUTEXで見えてきたWindows 8/RTの光と陰 )

WindowsRTタブレットはガラスケースに入って来場者はいじることが出来ないって、余程Microsoftは自信がないんだろう。
 それにしてもアプリケーションストア上で、アプリケーションの値段が千円以下でないと割高に見られてしまうのであれば、サードパーティを根絶やしにするのと同じだ。ソフト開発会社としては事実上やってられないだろう。

続きを読む
posted by danpei at 07:26| software

2012年06月01日

Windows8は中途半端、プライバシーだだ漏れに、使いづらい



早速リリースプレビュー版をインストールしたが、インストールの時点でMicrosoft ID(Windows Live IDと言われていたもの。具体的にはメールアドレス)の入力を促され、しかもそれに付随して携帯電話の番号や居場所まで入力させようとしている。筆者は適当な番号を入力したが本当の番号でないとはじかれてしまうほどの徹底ぶり。
 これは初めてID登録する場合に必須入力項目になるのだが、筆者は既に登録してあるIDで登録して(このIDはほとんど使っていないとパスワードがリセットされてしまうようで、既にあるマシンでパスワードを再設定した)、携帯番号を入力させるのを回避した。

これはFaceBook,Google以上にプライバシーを提供させる嫌なやり方だ。
続きを読む
posted by danpei at 23:25| software

2012年04月27日

現場を無視して上司が調子いいこと喋っているだけか? 他

Windows開発責任者が、突如、日本でRelease Preview版を発表したワケとは?

前半部抜粋

「Windows OS 開発の責任者である米マイクロソフト Windows&Windows Live担当プレジデントのスティーブ・シノフスキー氏が、Windows 8の新たなマイルストーンである「Release Preview版」を、2012年6月第1週に公開することを明らかにした。
 実はこの発表、当日の朝になって、シノフスキー氏が急きょ公表することを決意したものだ。午前10時から始まる基調講演に向かう車中、突如、シノフスキー氏が、Release Preview版を公表することを、日本法人スタッフに打診。当然のことながら、周りのスタッフは大慌てとなった。
 Windows 8に関しては、2011年5月に、来日したスティーブ・バルマーCEO(最高経営責任者)が、事前の打ち合わせもなく、「Windows 8は2012年に登場する」と公表して、米本社側がこの発言を打ち消すのに奔走したという経緯がある。」

思い出すよなあ。上司がソフト開発の現状を無視して、外部に新バージョンは出来ていると電話で話していた事を。他にも、新バージョンが出る、または作るという話も社内でないまま、雑誌で新バージョンが出ると初めて知ったというのもあった。
 筆者の場合は本当に出せるようなレベルでなかったから冗談じゃないと思ったのだが、Windows8の場合は既にベータ版を出しているから現時点で無難に動いているバージョンを出せばいいので上司の対外向けに話す、景気づけの為のホラ話が嘘になる事はないだろう。
現場では問題があって製品版にしたくないと思っていても、後でWindowsUpdateで修正してしまえばいいだけのことだしね。
続きを読む
posted by danpei at 09:21| software