2024年02月18日

現在の世界各国の政治首脳はほぼ悪党。言うまでもなく我々の幸せの第一条件は悪党を無視し彼らに翻弄されない生活基盤の構築だ

https://news.yahoo.co.jp/articles/f86722f9718c3b2a02671c116ffed641e3f7d020
(「裏金議員が納税しなければ国民も納税しない」SNSで「確定申告ボイコット」拡散 無申告だとどうなる?)

もう腐敗した政府や官僚と対峙している場合ではない。対立にエネルギーを費やすならもっと前向きな事にエネルギーを費やすべきだ。悪党は死ぬまで悪党。そんな連中に頼ろうとしているから、悪党どもがつけあがるのだ。

そんなのは特殊詐欺グループの連中や詐欺師のホスト連中を見れば十分わかるではないか。こういう連中は人の足元を見て脅し、篭絡するのだ。

続きを読む
posted by danpei at 10:16| 政治経済

2024年01月04日

Amazonは隆盛のピークから下降線だな

いつのまにか画像付きアフィリエイトのリンクサービスをやめていたと今日気が付いた。そしてポイント還元もいつのまにか月に2万円以上の購入でないと2%つかないと今日知った。
これはAmazonの隆盛のピークが過ぎて、業績がこれからどんどん下がっていくと彼ら自身分かっているからなのだろう。
PrimeVideoも無料で見られるものが少なくなっているし、米国崩壊に向けて更なるサービス悪化は避けられないだろう。
Amazonに限らず、米国大手IT企業とは距離を置いた方がいい。個人なら即座に対応できるはず。
米国株価が高くても決して楽観してはいけない。これからの米国は何が起きてもおかしくはない。
posted by danpei at 11:11| 政治経済

2024年01月01日

良くも悪くも経済の最先端を行く日本は、今度こそ資本主義の後の経済を示していかなくてはいけない

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA04BUZ0U3A201C2000000/
(今年は昭和99年、サヨナラ古き良き日本 世界32位から逆襲)
抜粋
---
2024年、日本は停滞から抜け出す好機にある。物価と賃金が上がれば、凝り固まった社会は動き出す。日本を世界第2位の経済大国に成長させた昭和のシステムは、99年目となると時代に合わなくなった。日本を「古き良き」から解き放ち、作り変える。経済の若返りに向け反転する。

「昭和」をやめ、若い力を引きだそう。
---

あけましておめでとうございます。上の日経の記事は、有料記事なので何を言いたいのか知らないが、どうせ資本主義から逸脱した事は言ってはいないだろう。しかし、そろそろ日本はその資本主義から逸脱した経済を示していかなければならないと思っている。

日経自身は資本主義の中で解決しようと思っているのだろうが、日経以外のほとんどの大手メディアや日本政府も同じような感じだろう。

筆者は数十年前に日経BP社の「資本主義は日本から始まった」という確か東京都職員が書いた本を購入した。既に江戸末期に現在の低成長時代と同じことが起こっておりそれに苦しんでいた事を書いている。その当時でも、貨幣価値をあえて下げて経済を回そうとしたり、株式市場先物市場が既に爛熟しその詐欺事件まで起こっていた。
要するに、日本人は150年以上前から保留になっている資本主義の限界の解決策を示さないままでいるのだ。

続きを読む
posted by danpei at 14:18| 政治経済

2023年12月10日

数年前のタブー中のタブーは新型コロナワクチンの極悪性の指摘だが、今はイスラエル批判だ



この筆者のツイートは、この文章を書いている時点でいまだに閲覧数が1。いくら筆者のアカウントが課金ユーザでもなく、フォロワー数が少ないとはいってもこれはあり得ない。
このリンク先はYahooに転載された講談社の記事だが、ポータルサイトで、イスラエルVSハマスの戦争の一番知られては困る急所をとらえた記事を配信したのは初めてであると思われる。普通ポータルサイトの記事をリンクしたツイートは閲覧数が比較的早く上昇するのだが、この記事はYahooでさえもずっと閲覧数1のまま。
続きを読む
posted by danpei at 10:43| 政治経済

2023年12月05日

覇権国に寄生する金魚の糞のような生き方はもうやめよう

最近「ガイアの法則」なるものを知った。「ガイア理論」を唱えたのは外国人だが、「ガイアの法則」を唱えている人は日本人だ。ガイア理論は、筆者にとっては特段突飛な事でなく、当然の主張の様に思えるので気にも留めなかったが、最近知ったガイアの法則は、最近やたら目にする覇権国の推移に関する事項でもあり、多くの人の関心事になっている。日本の興隆・衰退が40年周期という記事を見た時、

「ああ、同じような指摘をしている動画を見た記憶があるが、何だったか?」

と視聴履歴を調べたらガイアの法則だったってわけだ。
続きを読む
posted by danpei at 11:42| 政治経済

2023年07月02日

日本では(大食い競争の)スポーツ化の難しさもある…?笑わせんな

https://news.yahoo.co.jp/articles/b823e3b4babc7e2152d57ecc128f693fb538abb5?page=3
「食材の無駄」「SDGsに逆行」大食い番組の“風当たり”にフードファイターと大学教授が反論

一部抜粋
-----
「アメリカは大食いが完全にスポーツとして確立していて、FOXをはじめとしたテレビ局が生中継をするほどです。僕も初めて参加したときは、その熱狂っぷりに圧倒された。と同時に、こんな世界があるのかとアドレナリンが出た」

日本ではスポーツ化の難しさもある

 反面、スポーツ化の難しさも理解していると言葉を選ぶ。
--------

呆れてしまう。どうして世界で最悪の非道徳的国家であり、この地球を地獄に陥れるアメリカの文化を無批判に受け入れなければならないのか。この国は始めから終わりまでカネと権力と殺人と虐待だらけの歴史になるのは確実になるのに、それを見習えなどと言う論調は、アメリカの害悪が世界中に広まっているという事だ。

続きを読む
posted by danpei at 09:16| 政治経済

2023年06月01日

水素と核融合の報道が目立つのは、石油、原子力(核分裂)に代わる人々を経済的奴隷にできる技術に他ならないからだ

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC154EX0V10C23A5000000/?n_cid=SNSTW001&n_tw=1685582740
グリーン水素製造、コスト減へ 東芝が希少金属10分の1

水素の製造や保管、核融合は、巨大設備が必須で一般人が手に負える代物ではない。当然ながら、石油、原子力(核分裂技術)と同じだ。だからこそ、それらの利用を事実上の標準にすればすれば、一般市民を経済的に縛り付ける事ができる。これは国家や巨大企業の存立にかかわる問題であり、暗黙の了解で大手メディアが報じているのだと筆者は理解している。
続きを読む
posted by danpei at 11:04| 政治経済

2023年05月01日

エノクの預言でもアメリカは5つに分断し内戦が起こると預言。そして焦土化と破壊的天災…

https://gendai.media/articles/-/109288?imp=0
(「白人の地位格下げ」で10年以内に勃発する「アメリカ民族内戦」のおぞましすぎる末路:藤 和彦)
一部抜粋
-----------
バーバラ・ウオルター・カリフォルニア大学教授(政治学)は、世界の内戦に共通する要因を見つけ出し、米国が内戦の危機の瀬戸際にあることを論じている。
ウオルター氏が見つけ出した最初の要因は“アノクラシー”という政治形態だ。アノクラシーとは「部分的民主主義」と訳されるが、民主政が専制政に移行する過程などを指す。

ウオルター氏によれば、2021年1月に発生した連邦議会襲撃事件により米国はアノクラシーの状態に陥ったという。
-----------

...つまり前大統領トランプが白人が米国内の地位が下がっている事を扇動した事を象徴した事件が、2021年1月6日、新米国大統領の承認を決める時に起こった議会襲撃事件だったと…。
 当時の副大統領ペンスが承認を拒否すればバイデンが大統領にならずに済むので、トランプが「議会に集まって推移を見てみよう」という意味の呼びかけをした結果、死者が出る襲撃事件が起こってしまった。

この事件は今でも尾を引いており、保守系メディアでは連日この件で新たなる証言を報道している。
まさに歴史の分水嶺になった日で、占星術的にも分水嶺となる時期であったという結果が出ている。
続きを読む
posted by danpei at 14:29| 政治経済

2023年04月09日

自動車に導電テープを貼りまくった効果は大きい


今更もう4年くらい前の話題で、前のブログエントリーで書いたのだが、トヨタの特許情報でAピラーに1000ボルト単位で電気が帯電しているというのを知って、これなら明らかに悪影響を与えているということで、遅ればせながら早速導電テープを車のあちこちに貼りまくった。

最初は分からなかったが、「あれ?なんか軽い印象だな」と言う気はしたのだが、数十分間運転していつものように普通にアクセルふかして、ふとスピードメーターを見たら90km/hを超えてるから、驚いてしまった。これが明らかに効果があると分かった瞬間だった。

続きを読む
posted by danpei at 12:41| 政治経済

2023年03月14日

経済学者は無能。彼らの学問領域では解決策は全くない

「賃金上がらず予想外」アベノミクス指南役・浜田宏一氏証言 トリクルダウン起こせず…「望ましくない方向

一部抜粋
-----
アベノミクスは、安倍氏が任命し間もなく10年の任期を終える日銀の黒田東彦総裁が、2013年4月に緩和策を始めたのが柱。円安に誘導し、輸出関連の大企業の収益を改善させ、賃金上昇、消費拡大につなげる狙いから、浜田氏は政策の開始当初「アベノミクスはトリクルダウン」と何度も強調していた。
 しかし、大企業のもうけが下請けの中小企業に波及せず、賃金も上がらなかったことが明らかになった今、浜田氏は「ツケが川下(の中小企業や労働者)に回った」と問題を認めた。その上で「賃金がほとんど増えないで、雇用だけが増えることに対して、もう少し早く疑問を持つべきだった。望ましくない方向にいっている」と懸念を口にした
-----

一方、退任間近の日銀黒田は成功したと強がっている。毎度のことながら日銀黒田を含め大半の経済学者は無能だ。この浜田宏一氏は「意外。教科書には無かった」と言ったというのだから脱力する。あんたは学生なのか?それも笑ってインタビューに答えている。この人の性格なのだろうが、経済学者は気楽な稼業ときたもんだと言いたくなる。
続きを読む
posted by danpei at 13:42| 政治経済