2017年07月11日

ほとんどの場合、企業努力をすればする程、地球環境は悪化していく

北米で山火事拡大、1万8000人避難 カナダの州が非常事態宣言

この季節はまさに災厄の季節になってしまったな。日本は数十年に一度の豪雨が毎年起こり、海外でも同様の災害が頻発し、山火事、ドカ雪、熱波、浸水、最近では都市部に流氷ならぬ流雹が起こる。全部我々の経済活動の結果だ。
そりゃそうだ、ここ数百年で世界人口はグラフにしたらある時点から断崖絶壁のように伸びてしまったんだから。人間一人いるだけで大量の化石燃料を燃やし、森林を大量伐採する。

企業努力したところで、真の解決には絶対にならない。なぜなら現在の経済システムは非効率で無駄遣いをしなければ存続できないからだ。真の効率を追求したら売上高が下がってしまう。倒産しないために企業は効率性を追求するが、一方顧客には無駄遣いさせる、ぼったくる。社会全体で見たら何の解決になってない。

IT企業は究極の効率性を常に考えているが、それは自分たちの業務だけだ。面倒なものは誰かにおんぶにだっこしている。配送業者を酷使し、ネットユーザの書き込みなどの無償奉仕を実質自分たちの商売道具にしている。
続きを読む
posted by danpei at 12:30| 政治経済

2017年05月23日

21世紀は化学産業衰退の世紀

今朝のNHK総合でピュリッツァー賞を貰ったジャーナリストのインタビューを放送していたが、肥料会社が地域の経済を決定しているみたいなことを言っていた。10数秒ぐらいしか見てなかったから間違ってるかもしれんが、アメリカも日本と大して変わらないじゃないかと思ったね。JAを通して農家が肥料を買っているおなじみの構図だ。
アメリカにJAみたいな組織はあるのか知らんが、肥料メーカー支配は同じだろう。
もっと大きな視点から見れば、化学を扱った会社が約一世紀地球人類を支配しているという事だ。

続きを読む
posted by danpei at 08:38| 政治経済

2017年05月18日

現金を持ってさえいればこの世をうまく渡って行ける時代は終わった

(大手行、積み上がる現金・預け金 運用難で行き場なく)

上のリンクはツイッターでも取り上げたが、これはカネさえも腐ることを意味する象徴的なタイトルだよ。
しかし、この世の大半の人間はとにかく金をつかんでいればいい人生歩めると単純に思っている。

芸能人の結婚、特に最近の女性芸能人の結婚は残念としか言いようがない。相手の男にカネと権力しか見てない。この傾向はメディア報道によると一般人もそのような傾向が強まっている様だが、別の見方をすればカネしか眼中のない、もしくはカネがなければすべてが終わりと思っている悲しい女が多いという訳だ。加えて真の友情も恋愛もない人達なのだろう。何重もの意味において残念としか言いようがない。まあ若い女に限った話ではないのだが。

これはカネという一神教に毒された我々人類の悲劇だ。所詮,中間とか媒介物という意味に過ぎないマネーという言葉が第一になってしまっている状況は異常だ。だからカネでカネを生み出す組織は文字通りの中間搾取業者だ。

しかし投資先が無ければカネの価値もなくなる。いや、カネそのものに価値をつけるのは歴史的経緯からみておかしなことだ。所詮借金の証文みたいなものなのに、それのレートが変化して一喜一憂する経済番組は滑稽だ。投資先は東南アジア、アフリカの開発が一巡すれば完全に終了だろう。どんなに価値が高い通貨でも投資先が無ければ価値が目減りする。
これは現時点で悲劇のように見える。
続きを読む
posted by danpei at 11:35| 政治経済

2017年01月06日

トランプは軍を使ってCIAを始末しろ

米長官、ロシアの関与確信 トランプ氏の姿勢批判
アメリカの政府は最低でも2つある。大統領府とCIAだ。CIAは大統領府に嘘を吹き込み軍を動かし世界を破壊し続けている。これは紛れもない事実だ。こんな極悪の犯罪集団は全世界の敵であり、米国民の敵でもある。米国民を犬死させて軍需関連企業を儲けさせているからだ。

米国大統領選にロシアが関与したと言う報道はいまだ証拠を示していない。何が確信だ。上に立つ人間なら一般市民に提示できるほどの紛れもない明白な証拠を示してから言ってもらいたいものだ。これではイラクの大量破壊兵器疑惑と同じだ。
 こうやって世論操作して自分らの思うように誘導するのがCIAの常とう手段だ。一切この犯罪組織の言う事には耳を貸してはいけない。



続きを読む
posted by danpei at 09:25| 政治経済

2017年01月04日

経済学者や政治家に一般市民の不安を解消させることはもはやできない

あけましておめでとうございます。
年賀状に使おうとした写真がプリンタのインクの色がおかしいので、急きょ自宅付近に現れたキジの写真をモノクロ化して、ソフトで二値化処理していかにも画家が描いたような写真にしようとしたら、インクが黒さえまともに出なく、青緑色になってしまった。しかも同じ色を指定しているのに、画像と文字の色が違う。さすが安物インクだ。今度からは印刷する直前に購入することにしよう。
以下は、年賀状で使ったモノクロ+二値化処理の写真。

2017hn.jpg続きを読む
posted by danpei at 11:58| 政治経済

2016年12月18日

来年は国連常任理事国同士のいさかいが激化するな

日本でのプーチンの振る舞いには失望した。残念ながら思ってたより賢い人ではなさそうだな。これは会談の結果以前の問題だ。首脳会談で何度も遅刻する人間は全く信用に値しない。時間厳守はあらゆる人間同士の付き合いでの基本中の基本だ。まして国のトップ同士の会談だ。言い訳はまったくできない。遅れるなら事前に遅れるとロシア側は連絡したのだろうか?仮にそれがあったとしても首脳会談だ、ダメだね。
 仮に、相手をじらして自分たちの思い通りにさせる策略としたら、もう最悪だね。男をたぶらかせるために馬鹿な女がやるようなことを首脳会談という一番重要な外交でやらかすとは思えないが、それをうかがわせるようなプーチンの微笑だ。遅刻したことに対して、羞恥心というものがないのだろうか?ロシアが日本側を信用置けないと思っていても時間厳守が揺らぐことはあってはならない。相手が悪党だから約束の時間は守らなくていいと言う論理は程度の低い人間のすることだ。ったく、この程度の人間とは思ってもみなかった。

 まず、プーチンは日本の武道や柔道などの格闘技を愛しているなら、規律や礼節をわきまえなければならない。要はプーチンにとって柔道とは、己の身体的能力を鍛えるだけのツール、ボディビルダーをやる人と同じ程度の認識、つまりナルシズムを満たす行為にすぎないようだ。
続きを読む
posted by danpei at 11:36| 政治経済

2016年11月09日

トランプがCIAと国務省を制御できるかが米国と世界の情勢を決定する

またもや予想外の結果。トランプ劣勢と伝えられてもヒラリーの弩級のスキャンダルで結局同じような支持率にとどまっていたドナルドトランプ。筆者としては体制派マスコミの洗脳で米国民はかろうじてヒラリーを選ぶのではと思ってた。もしくは投票数が拮抗してたら不正選挙の可能性もあるとも思っていた。

しかし、ふたを開けてみるとAP電の報道だけを見ればほとんど常にトランプがリードし、開票の最初の方だけいったんヒラリーが逆転したのを見ただけだった。アメリカの別のメディアでは、大票田の2州であるカリフォルニアとフロリダについて、カリフォルニアがヒラリーを取った後、フロリダをトランプが取った報道が出たので、大きく逆転した報道がされたようだが、AP電はフロリダの最終結果を早々に伝えていて、カリフォルニアは開票終盤になってからなのでヒラリーが大きくリードされたことは一度もなかった。
続きを読む
posted by danpei at 23:45| 政治経済

2016年09月20日

豊洲新市場は1階をピロティにして増築するか、ゆりかもめの横に一時利用の仮の市場でも作れ

豊洲盛り土問題の真相〜マスコミには高校化学の知識もないのか…(高橋洋一)

高橋洋一にはあきれてしまう。彼は計数には明るいけど、人の感情を全く無視しているし、信義より経済合理性の方が優先されると思っており、その結果自分が関知しないものは存在しないという傲慢さも感じられる。自分が測定できないものは存在しないと本気で思っている物理学者と同じメンタリティーなのだろう。20KHz以上の音声信号のことなど知ったことかと、その情報をぶった切るCDと同じようなものだ。デジタル機器の設計思想と同じだ。問題を単純化して簡単な方程式にするのが好きな人の様だ。極端な言い方をすればπは3だと強弁するような人だ。

このような人には消費者の気持ちなど理解できるわけがない。経済合理性が優先されるから反原発の人を情緒に訴える愚かな人と断罪する。しかし、政府は最近になって廃炉費用を新電力に求めることを画策することを表明した。つまり経済合理性を優先する人は視野が狭いのだ。オーディオでいえばダイナミックレンジが低く、自然の息吹を感じ取れない鈍感な人なのだ。

高橋洋一はじめ経済合理性最優先の人には、原発付近に自分の家を持てるか、豊洲新市場の地下を仕事場にできるか、問うてみたいものだ。中世ヨーロッパの唯物論者のような傲慢さをこの21世紀に持ち続けているとは情けない限りだ。
続きを読む
posted by danpei at 14:10| 政治経済

2016年08月06日

諜報機関を国際的に全面禁止にしない限り核戦争の危険はなくならない

広島で原爆の日「米大統領に思い届いた」

オバマの広島訪問した際の演説は、正直「ええかっこしい」に思えたが、でも彼の取り巻く現状からしてあれが精一杯の誠意だったとは思っている。なぜなら、現職大統領の被爆地訪問は、アメリカの支配者階層からすれば褒められたものではないのは明らかだからだ。でなければ核兵器を温存するわけがないし、その兵器の能力を維持するために爪を研ぐような事もする事はない。結局アメリカと言う国として見るならば、オバマのやった事は皮相的なパフォーマンスに過ぎないと言わざるを得ない。

だから、オバマに思いが届いたとか言っている広島市長はちょっと能天気すぎるね。と言うより的外れな発言と言うべきか。オバマは、アメリカ大統領と言う役職は、アメリカを全て制御していない。大統領が強硬手段をすれば独裁者となじられるだけだ。
続きを読む
posted by danpei at 11:16| 政治経済

2016年07月08日

上場企業に5%の売上税を課しただけでも財源不足は簡単に解消する

かつて国会でも議論され、当時の首相だった中曽根康弘が導入失敗した売上税。具体的にはどういった形で税が発生するのか専門家でないので不明だが、ここでは要は売上高に一律の税金を課すものだと認識して欲しい。これを上場企業に薄く課税すればかなりの財源不足は解消されるのではと時々思っているのだが、上場企業で売り上げ上位20社の合計売上高に5%を課税しただけでも9兆円近い税収が得られる。
http://www.ullet.com/search.html#ranking_title

石原慎太郎が都知事時代、銀行に(ほぼ同じ意味であろう)外形標準課税を課そうとして失敗した事があった。だからこの類の税は鬼門なのはわかる。現在この税は電気ガス業者など特定業種に課されているそうだが、全企業、最低でも上場企業にやるべきではないだろうか?

続きを読む
posted by danpei at 12:26| 政治経済