2007年01月29日

YouTube、ビデオ投稿者に収益の一部還元を検討

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0701/29/news011.html

これで日本のテレビ局はどんどんYouTubeにビデオ投稿するか?
酒井素樹氏にも芸で収入を得る道が開けたかもな(笑)。
これから推測すると、レコード会社などのコンテンツ企業が衰退するかもしれない。ミュージシャンやその他芸人は「YouTubeデビュー」して十分なカネが入ればビクターやコロンビア、吉本などと契約する必要が無くなるからだ。
まあ、大した金額じゃなければ業界再編なんて起こらないのかもしれないが。(多分相当しょぼいと思う)
posted by danpei at 15:17| internet

2006年10月30日

西川和久氏のSNS

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1030/nishikawa.htm

最近は筆者も楽しませてもらっているが若いお姉ちゃんの写真ばかり撮って、プログラミングは完全にやめしてしまったのだと思っていたが、SNSを自作とはねえ。感心する。続きを読む
posted by danpei at 09:24| internet

2006年10月22日

YouTubeはユーザーのセキュリティを考えるべき

佐藤立志のページからYouTubeを見に行ったら、IT関連サイトで警告しているフィッシング詐欺広告に遭遇した。(実は2回訪れて1回目は「Winner」と点滅した。これまたひっかけを疑うような広告だった。)

youtube.gif左のキャプチャ画像では、Windows2000を使っているからWindowsXPのビジュアルスタイルで「エラーが発生しました」というのはおかしいとすぐに解るが、初心者が最近買ったパソコンでは違和感が無く、焦って押してしまうだろう。

まさしくもう繁華街の駅周辺の電柱やら捨て看板、電話ボックス内のいかがわしい広告だ。
多分Googleは相当な減益になる。今は各種メディアに持ち上げられているけど、これはあまりにも酷い。こんなのを垂れ流して、その詐欺師から広告費としてカネもらっているなんて詐欺師の片棒を担いでいるのと同じだ。続きを読む
posted by danpei at 09:13| internet

2006年10月20日

まだまだインターネットはテレビを凌駕していないどころかテレビにおんぶにだっこ

http://www.sankei.co.jp/news/061020/kei009.htm
(USEN、八方塞がりなんだ)

記事を読むと、Gyaoは動画の閲覧数で、YouTubeやYahoo動画に追い越されたのだという。
これで筆者が思ったのは、まだまだインターネットの動画コンテンツというのは、テレビ番組のコピー配信が幅をきかせているんだなと言うことだ。
YouTubeやYahoo動画って、何が閲覧されているかって言えば、過去のテレビ番組ばかりじゃない?少なくとも筆者はそうだ。続きを読む
posted by danpei at 11:33| internet

2006年10月05日

経産省が眞鍋かをりを使って「Google八分、知ってまっか?」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/05/news092.html
(言い方は違うが...)

でも国主導で開発、運営するサーチエンジンほどGoogle八分と同じようなことが起こりそうな感じがすると思うのだが。官僚の不祥事を暴いたページを検索結果に載せることができるか?政治家の不祥事を暴いたページを検索結果に載せることができるか?
まあ何でも情報を出してしまうと言うのも問題だとは思うがね。
Googleのスケジュール管理機能はやはり他人が見られる仕組みになっていたし。
(極めて私的な事をインターネット上に書き込む奴の気が知れないよ。)

他人事で失礼だが、お手並み拝見ってとこだ。でも計画がポシャッて結果的に大手企業にカネを散財する失態はやめて欲しい。税金でやってんだから。
(これまでの国のプロジェクトからするとやばいような感じがするのだがなあ..)
posted by danpei at 20:16| internet

2006年09月13日

「YouTube、行きまーす」てか?

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20060908/247607/

(動画CMはテレビからYouTubeなどの動画投稿サイトへ)

「父ちゃん」と発言する人は「アムロ行きまーす」の人と同じだったか。今まで気がつかなかった。続きを読む
posted by danpei at 08:59| internet

2006年06月30日

経産省のやりたいことがもう実現した

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/8035/
(携帯電話の画像で検索)

新技術はどうせついていけないんだから、官僚は民間企業に無駄な労力をさせる事をしない方がいい。
詳しくはこのリンク(2006年06月28日経産省のやりたい検索技術というのは認識技術か)を参照
posted by danpei at 16:54| internet

2006年06月28日

経産省のやりたい検索技術というのは認識技術か

http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20151767,00.htm

長いインタビューだが、要するに画像認識、自然言語処理なんて言う言葉が飛び出していると言うことから、あらゆるデータの認識技術が必要ということのようだ。
じゃあGoogleのように単に多くのホームページをかき集めるのが何で脅威なのかね?
まあ、pdfやdocなどの中身も検索できるというのも認識技術の1つと言えるが。続きを読む
posted by danpei at 08:40| internet

2006年06月26日

FTTR そんなものがあったのか

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060626/241706/
局舎から電柱まで光ファイバで、電柱から家までがADSLというインターネットの接続方法。

プロバイダ側にとっては、電柱までの工事なら電柱に光->ADSL変換装置だけ加えればよい場合がほとんどだろうし、各家庭にある既存のモデムがそのまま使える。そして利用者側からすれば工事の手間を省けるし、光ファイバ敷設の工事料もいらないし、更に高速なインターネットが利用できる。
いいアイデアだ。提供者側、利用者側も安上がりでFTTHに近いパフォーマンスが得られる。
ソフトバンクだけではなく東京電力もすぐにやれるようなサービスだ。
そして、NTTもこれが普及したらやらざるを得ないだろう。続きを読む
posted by danpei at 12:43| internet

2006年06月20日

大手の有料ホームページサービスは割が合わないのか..

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0606/20/news057.html
(niftyココログ、障害ばかりでユーザが裁判を準備中)

大手は無理な業務拡大をするからな。勝手な推測だが無料ブログと有料ブログを同じサーバーでまかなっているから高負荷となって有料版のユーザーに不満が出るんじゃないのか?
ブログはコメント、トラックバック機能があるからサーバーに更に負荷をかけるものだし、むかつくなら別の無名のホスティングサービスに乗り換えた方がいい。続きを読む
posted by danpei at 18:12| internet