2017年06月29日

安保徹氏は既に死んでたのか

昨日NHK第一の夜10時のニュースで医者(だと思うが)がゲスト出演してピロリ菌を除去すれば胃がんにはかからないと言っていた。そこで何年か前安保徹氏の本で常在菌を殺すのは意味がないという意味の事を本のオビか本の紹介文に書いてあるのを思い出して探したところ、安保氏は既に2016年に亡くなっていた。突然死で69才。若いね。あるブログ記事を読むと、講演で殺される可能性に言及していたというが、安保氏の訃報は地方紙である新潟日報だけが発表では見逃すわけだ。大手の書店で平積みで山積みになっていた本の著者で、医学界の主流ではない主張をしているから疑念を持ってしまう。

続きを読む
posted by danpei at 23:01| healthcare

2015年11月01日

本当の全粉粒クッキーはうまくない

そろそろ小麦をまく季節で、今年6月ごろに収穫した小麦がまだ大量に余っているものだから、何とかして食わなければと思い、色々やってるのだが、満足したものが出来ない。

全粉粒クッキーを作ったのだが、一回目はそこそこうまかったが、二回目は油の量を1/3にし、簡略化して、型取りもしなくてパイ生地の様にどさっと広げて後で割る(割れクッキー)ようにしたためか、生焼けのようで、胃が気持ち悪くなってしまった。最初はその後に食ったウイスキーと賞味期限切れのアップルディーが悪さしたのだと思ったのだが、今朝そのクッキーを食ったら同じ症状になったので、多分クッキーだろう。
続きを読む
posted by danpei at 11:28| healthcare

2015年05月03日

アレルギーの原因は毒だろう

新アレルギー治療 〜鍵を握る免疫細胞〜

先ほどBS1で再放送してたが、医学研究者がいまだにワクチン的手法にこだわっているところが奇異に思えたね。これはアレルギーの原因となる物質をあえて取り込んだり、その遺伝子を注入した物質を摂取することでアレルギーを和らげるという手法だ。スーパーでも花粉の入ったキャンディーが売っているがやっていることは基本的に同じだ。

番組はアレルギー物質に反応する攻撃細胞の力を和らげる、制御性T細胞(通称Tレグ)をいかに増やすかに主眼が置かれており、相変わらず近視眼的なものの見方をしている。攻撃細胞の力を人為的に弱めたら、別の病気にが発生しやすくなるのは分かっているだろうに、そんな付け焼刃の様なやり方をなぜするのだろうか? 臓器移植して免疫不適合を抑えるために免疫抑制剤を注入しているのと同じだ。
続きを読む
posted by danpei at 22:35| healthcare

2015年03月29日

菊の消毒にも二酸化塩素を使用しているのか

「農業特区」に見切り? 
農協不要論の「新鮮組」岡本社長が、愛知・田原市長選出馬の意味 - 井上 久男


2ページ目抜粋
----
花き農家が農薬の効かないウィルスに悩んでいることを知ると、欧米では使用が求められている「二酸化塩素」を輸入して2009年から販売を始めた。これは耐性菌を生まない消毒薬で、日本でも滞留性が少ないとして食品添加物として認められている。岡本氏は農水省に農薬として登録が必要な農薬ではなく、水を殺菌する資材として販売に踏み切った。病気に苦しむキク農家から高い評価を受けた。
----

知らんかったね。多分売っているのは粉末の亜塩素酸ナトリウム粉末だろう。仮にそうでなくても使用法に従えば二酸化塩素はできるはず。日本でも大企業なら自ら生産しているか、入手しているのだろうが、輸入しなければならないとは、やはりご多分にもれず 圧倒的に優れたものは儲けが少なくなるから市場から締め出されているのだと思う。 
続きを読む
posted by danpei at 11:15| healthcare

2014年10月19日

肺炎球菌ワクチン?家と口の中を清潔にしておけばやる必要ないんじゃない?

肺炎は予防できる?! 高齢者の肺炎球菌ワクチンが10月から定期接種化

最近、テレビCMで盛んに宣伝され、また官民そろって国民を痛みつける悪辣な営業活動をしているなと思い、上の記事を読んで少し調べたら、ワクチンを推奨しているサイトでも、要は口の中を常に綺麗にし、食後はすぐに横にならずに30分ぐらい安静にしておけばいいという事を述べている。ほとんどの高齢者の肺炎は夜に起きるタイプで、気管支に異物が誤って入ったときに起きるという。若いうちは自動的に咳き込んでそれを防いでいるが、弱っている人はその防御作用が起きない。

以下抜粋
続きを読む
posted by danpei at 14:30| healthcare

2014年06月23日

アメリカの医療業界も倹約に走り始めたか

米国医学会が出した「衝撃のリスト」全米8割の医師が示した無駄な医療とは



「大腸ガンの内視鏡検査は10年に1回でいいです」
「前立腺ガンの検診のためにPSAは安易に測ってなりません」
「爪水虫で飲み薬はほとんど無駄です」
「精神病でない子供にいきなり抗精神病薬は禁物」
「風邪に抗菌薬は使わない」
「ピルをもらうのに膣内診は不要」
「PETガン検診は控えよ」
「胃ろうは認知症では意味なし」
「軽度の頭部外傷でCT検査をするべからず」
「乳がん手術では、センチネルリンパ節を必ず検査」
「精神病でない子供にいきなり抗精神病薬は禁物」

この本で言っている内容は、まるで、医師が多数の患者と関わりたくないために理由つけて言っているようにも思える(笑)。アメリカのことだし、人のためではなく自分のためであり、効率性と言う観点のみから得た結論だろう。でも、日本の医療関係団体が言っている様な、幼児か付くようなあからさまな嘘は言っていないだろう。

カネの亡者になっている日本の医療業界もいやおうなくこの経済悪化に抗うことは出来ないだろうし、医師の健康のためにも無駄なことをやめれば勤務時間を削減でき、病院は賃金削減できるだろう。医療バブル、製薬会社バブルも崩壊は時間の問題だな。
posted by danpei at 08:30| healthcare

2014年06月20日

歯石除去もDIYできるなら歯科医も医者同様リストラ対象だな

虫歯は治せば治すほど老後がつらい「チョコレート歯科医院」の挑戦(上)


以下一部抜粋
-------
上山:歯がなくなるのは、老化現象ではなくて度重なる再治療のせいなんですね

中略
上山:その一方で、歯科医師は過剰と言われていますね。歯科医師が増えているのに、患者の歯の状態は改善しない。

加藤:そこが日本の歯科医療の問題なんです。歯科医師は削って詰めて、患者さんはお金を払う。「ドリル、フィル、ビル(Drill, Fill, Bill)」という構造が出来上がっています。

上山:しかし日本では歯科医師も患者も「ドリル、フィル、ビル」が当たり前で、いいと思っている。

加藤:だから、歯がぶっこわれているんです。現状は、水道の蛇口を閉めないまま歯科医師と患者さんが一緒になって床を拭いているようなものです。

中略

上山:そもそも、日本の歯科医師はどうしてあんなに削りたがるんでしょうね。やっぱり削ると仕事した感じがするんでしょうか。

加藤:それが歯科医の仕事だと思っているし、そうしないと生計が成り立ちません。あと、もちろん削りたい。イギリスの歯科医も「虫歯ゼロの子が育つより、いい差し歯が入ったときに脳から興奮物質が出る」というようなことを言っていました。

---今の保険制度は公共事業と同じ---

上山:なるほど(笑)。とにかく削りたがるんですよね。この辺は公共事業と同じで土木屋さんがいる限りは、とにかく掘ったり削ったりが止まらない。歯学部で教わるのは、治療、つまり工事の話が中心で予防は少ないのですか。

加藤:ほとんどそうです。
-----

こんな話聞かされちゃあ、歯医者も出来る限り行かない方がいいね。

(ちなみに筆者の親知らずは虫歯で半分欠けていると歯医者に指摘されてから、デンタルフロスやハイドロキシアパタイト入り歯磨き粉で入念に手入れをしても結局全部欠けてしまい、歯根は残ってクレーター状になっているのだが、ハイドロキシアパタイト入り歯磨き粉の使用で歯痛で苦しむことは無い。歯は抜きたくなかったので歯医者に全部お任せにしなかった)

でも歯石の除去のためには行かなくてはならない。この記事でもそう書いてある。
しかし歯石除去のためにバカ高い金を払いたくないし、今の歯科医院は歯石除去だけやってくれと言ったらいい顔をしないだろう。上の記事を読むとそれはよく分かる。

 じゃあ、趣味やDIY製作で使うルーター(コンピュータネットワークの方ではない)に少しつるつるしたビットでも付けて軽く削ればいいじゃないかとちょっと調べたら、ルーターではないが歯科医が使う歯石除去の器具がアマゾンで既に売られていた。筆者と同じことを考えている人は多く、多くのカスタマーレビューが書かれている。続きを読む
posted by danpei at 10:25| healthcare

2014年05月29日

もう天気が良くなっても窓を開く気にならない



長時間、サイクリングなどで外へ出ていると、翌日のどが痛くなり、かつその痛みが長続きするので、最近は特に凶悪なものが大気中にばら撒かれているなと思ってたら、上のツイートの返信では「ガンジタ等カビ類も運んできます」って、シモンティーニ医師が言えばガンも運んでいると言うことか。さすが、サチュルヌ(中国、毒、鉛、衰亡などの意味)が支配する時代ってか?
続きを読む
posted by danpei at 16:24| healthcare

2014年03月29日

一日三食はエジソンが自社製品販促のために提唱したのか ほか

日テレ:世界一受けたい授業SP55 日本人が好きな天才ベスト100

知っている人は知っているのだろうが、これを聞いたときは驚きと同時に心の中で苦笑してしまったね。エジソンが生活習慣病の原因を作ったのではないかとさえ思った。

今回の日テレの番組は、フジのフィギュアスケートの合間に見てたが知らない事が多くて面白かった。
エジソンはやる事がえげつないというのか、現代の企業がやっているマーケティング手法もやってたとは。一日三食にすれば自社開発したトースターの使用頻度が上がり売り上げも上がると企むなんて、ロックフェラーが焚きつけたウーマンリブムーブメント思い出してしまう。一方現代人は、バレンタインデーでチョコレートの消費を上げ、クリスマスイブではホテル利用者を増やし、最近では節分で恵方巻きの売り上げを上げている

日テレやフジテレビの朝の番組なんてまさしくそうだ。若い女に今はやっているものを見せ、流行に後れまいと焦燥感を植え付け企業を儲けさせている。
テレビは駄目になったといわれているが、悪いものもあるが、いいものもある。

続きを読む
posted by danpei at 23:43| healthcare

2014年02月28日

子宮頸がんワクチン副作用もMMSで改善なるか?

子宮頸がんワクチン中止訴え、都内で国際シンポ 「アルミが副作用原因」専門家指摘

いつもながら製薬会社と言うのは何と言う悪魔的企業なのかと思い知らされる。この様な会社が事実上野放しになっているのが不思議でしょうがない。明らかな欠陥商品なのに原因がわからないから、接種は続けるなどと言う意見が出るのだから、想像を絶する大ばか者、モラルハザード、悪魔に魂を売った凶悪犯罪集団だといわざるを得ない。内服薬も捏造論文で効能を偽って儲ける悪魔的企業。まさに「貴様には地獄すら生ぬるい」だ。
 加えて、何度も言うが、子宮頸がんワクチンは厚労省がHPで効くかどうかは証明されていないと言っているのだ。なのにそれを強制しようと企んでいる。例え様の無い犯罪省庁だ。これ一つだけでも厚労省は解体に相当するとさえ思ってしまう。もっとも今の省庁はガン細胞みたいにどっかに転移してまたぶくぶく太り出すんだろうから、彼らが好きそうな餌でおびき出して一箇所にまとめた所で彼らの権力を一気にそぎ落とすしかなさそうだな。
続きを読む
posted by danpei at 22:57| healthcare