2012年12月26日

原罪を負っている人類のDNAを修正するのが真の解決方法

(元ミス日本、ガンとの壮絶すぎる闘い)

P.4冒頭部分抜粋
--
効かないもの(抗ガン剤)をやって、体を傷めつけて、また再発してなんていうのはイヤですから。残りの人生は短いかもしれないけれど、明るく楽しく生きたほうがいいと。

 そうしたら、大学病院の教授が決めた方針を拒否したということで、かなり波紋があったらしいです(笑)。
--

基本的に病院からの指示は間違っていても絶対だからね。

 筆者の母は自分の体が明らかにおかしくなっても奴隷のように医者の言うことに従っていた。死ぬ間際になんとかトランキライザーガンを主治医から進められたが、そんな麻酔銃みたいなもので酩酊状態にさせられるなんてご免だからお断りしたら、病院内で波紋になっていたと後で母が言っていた。


 そのほかにもSSRIなどの極めて問題のある鬱病治療薬をなぜ死ぬ間際にまで飲ませるかと思い取り上げて(このお陰で意識が元に戻った)、更に患部に貼り付けると若干症状が緩和するからとずっと前から連用していた湿布薬も勝手に取り上げたら母からたいそう怒られた。こちらとしては麻薬漬けにするのは良くないということで、まだ回復の見込みがあると思っていたのだ。しかしその後すぐに亡くなってしまったら、結果的に筆者は母を苦しめていたんだと後悔してしまった。
続きを読む
posted by danpei at 12:15| healthcare

2012年12月15日

テレ東は裏社会の下僕ではないか?!(笑)

テレ東番組「ワクチン普及は陰謀」 ゲイツ氏「全く逆」

前半部抜粋
「【本山秀樹】米マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏が取り組むワクチン普及活動を、テレビ東京のバラエティー番組が「世界人口管理の陰謀」であるかのように紹介したことに対し、日本マイクロソフトは同局に協議を申し入れた。ゲイツ氏も「事実は全く逆だ」としている。 」

見てみたかったね。テレ東はワクチンを打ちましょうと誘導している、その他の民放とは一線を画すか?!
続きを読む
posted by danpei at 21:31| healthcare

2012年12月11日

この季節の製薬会社の販促にはくれぐれも騙されないように



上のビデオは3年前の報道だ。インフルエンザワクチンが製薬会社の陰謀、悪質な営業活動ではないのかという報道だ。

インタビューされたニューヨーカーの一人:

「どうせ、製薬会社のやらせだよ。だって、僕はインフルエンザワクチンを打つたびに体調が悪くなってたからね。それで、ワクチンを打たなかった年には、インフルエンザにかからなかったんだよ。
 豚インフルをまき散らす豚がニューヨークにいるかって? 確かにいるにはいるよ。政治家って言う大勢の豚がね!」

笑える。

チェコの研究者が人に接種する前に実験用のフェレットに接種したら全て死亡してしまった事から、アメリカの製薬会社が鳥インフルエンザのウイルスで汚染されたインフルエンザワクチンを輸出していたことが発覚したそうだし、やりたい放題だね。
まあ鳥インフルエンザのワクチンと弁明すれば理屈は成り立つが。

産経は日本脳炎は治療法がないからワクチンを打たなければならないと誘導しているが、そもそもワクチンそのものが効いているのかどうか疑わしい。過去の伝染病はワクチンで撲滅したわけではなく衛生状態や栄養状態の改善で撲滅されていったものだと言っている医師がいる。続きを読む
posted by danpei at 14:48| healthcare

2012年12月06日

冬場の風呂は朝に限る

この季節になると、テレビでかゆみ止めの薬のCMが流れるが、そのCMの一つに寝床に就いたらかゆくて眠れないというものがある。筆者もそうだ。
しかし、これは寝る直前に風呂に入っているから特にそうなってしまうのだ。
続きを読む
posted by danpei at 13:32| healthcare

2012年10月26日

医者は電磁波被爆など全く考慮しない

電子ペーパーと液晶、眼が疲れるのはどっち? 検眼医「変わらない」

初代iPadとe-ink(見た目は初期のモノクロ液晶と同じようなもの)を使ったソニーの電子書籍端末で比べたら目の疲れは大して変わらないという。しかし全体的な疲労感はiPadが大きい。両端末の重量差を勘案する必要があるというのが趣旨の記事だ。

研究で指摘しているという解像度による見づらさなんて誰でもわかる。そして電子ペーパーは表示スピードが遅いのも目にとってはマイナスだろう。記事で取り上げられた研究では、目の疲れやすさは液晶、電子ペーパーどっちもどっちという結論だが、疲労感が増すと言うところを深く考察していない。この疲労感こそがVDT作業における目の疲れの原因を知る鍵だ。

続きを読む
posted by danpei at 18:21| healthcare

2012年10月12日

チョコは有益な成分より有害な成分の方が多い..と思う

(新説:チョコの消費量が多い国ほどノーベル賞を多く取る)

筆者は数ヶ月前までは毎朝チョコをひとかけら食っていた。板チョコの一辺を割って。
あまりに食い過ぎるとニキビができるし、虫歯になるからだ。
..で今は虫歯が進行して奥歯がものすごく痛み出したので食べていない。もう常習的に食べることはないだろう。
続きを読む
posted by danpei at 09:13| healthcare

2012年10月05日

カツカレーは食べたいと思わない 他

(安倍新総裁、高級カツカレーにネット非難)

実はこのネタ最初に虚構新聞で知ったからてっきり嘘かと思ってたら本当だったと言うことを初めて知った(笑)。麻生元総理の時も同じようなバッシングがあった。言うまでもないが、この二人が庶民感覚からずれているなんてのは全く批判に当たらない。生まれたときから庶民じゃないんだから。へりくだって清貧の暮らしをすれば有権者は満足なのだろうか。
どうでもいい話だ。そしてこの続きもどうでもいい話だ。
続きを読む
posted by danpei at 15:50| healthcare

2012年09月29日

ガーダシル接種後にギランバレー症候群になった人数百件



子宮頸がんワクチンの副反応で苦しんでおられる方へ さとう内科循環器科医院 内科 循環器科

死んだニュースは知っていたが、死ななくても、重篤な副作用が出ていて生き地獄になっている映像は初めて見た。ろくに歩くことも喋ることもできない。こんなリスクを負ってまで接種すべきものなのだろうか?

風邪薬でさえも重篤な症状になってしまう人がいる。欧米の大手製薬メーカーと彼らと提携している日本の製薬メーカーの薬は絶対に禁忌だ。

上記の製薬メーカーに支配されているほとんどの病院も基本的に禁忌だ。外傷や虫歯など誰でもわかるものや緊急手術が必要なとき以外は恐ろしい場所だから決して近づかないように。国や病院、そして学校を介したセールストークに決して騙されてはならない。

薬は仕方なく使うもので、それを使わないように生活習慣を改める方が一番いい。乱交を暗に誘導するガーダシルのようなワクチンに頼らず心と体が不潔な人間と関わらないようにし、住環境を整備すべきだ。

続きを読む
posted by danpei at 13:29| healthcare

2012年08月12日

都会で自転車通勤はやめた方がいいと思う

(定説「タバコ吸うと肺が真っ黒になる」に懐疑的な医者もいる)

抜粋
------
かつて肺がんで亡くなった患者の病理解剖に立ち会ったことがあるという都内の内科専門医が話す。

「確かにその方は肺が真っ黒でしたが、これまで1本もタバコを吸ったことのない人でした。肺胞へと枝分かれする気管支の繊毛細胞は、喉や口内の粘膜と同じように常に新しい細胞と入れ替わりますし、表面の異物を排除する仕組みになっています。タバコを吸わない人の肺が黒くなっているのは、むしろ長年の間に自動車の排気ガスやアスファルトの粒子、工場の煤煙などの蓄積が大きいといえます」
-------

医療業界の体制側はたばこを吸わなくても肺ガンになる原因をはっきり言っていない。筆者の母もたばこを吸わなかったが肺ガンが発端で死んだ。(もっとも若いときは吸っていたようだ。写真で見た。でもほんの一時だけだろう)発祥したのはど田舎で、長年看護師をやっていた。

続きを読む
posted by danpei at 08:36| healthcare

2012年07月30日

無駄な研究が多いようだ

(<抗がん剤>効果抑制のたんぱく質 北大研究チームが解明)

抜粋
--
体の免疫機能の指令塔の「樹状細胞」が、がん細胞の作用で免疫機能低下につながるたんぱく質を出し、抗がん剤の効果を抑えることを、地主将久・北海道大准教授(腫瘍免疫学)らの研究チームがヒトやマウスのがん細胞を使った実験で突き止めた。

中略

「このたんぱく質を標的にした薬剤と組み合わせれば、抗がん剤の効果を高められるのではないか」

中略

樹状細胞は、ウイルスやがんを攻撃するリンパ球に指令を出す。地主准教授らは、ヒトやマウスのがん組織にある樹状細胞では、他の健康な組織の樹状細胞よりも「TIM−3」と呼ばれるたんぱく質が非常に多く産生されることを解明。がん細胞が放出するデオキシリボ核酸(DNA)を、TIM−3があるために樹状細胞が認識できなくなることが分かった。樹状細胞ががんを認識できず免疫機能が低下し、抗がん剤の効き目にもブレーキをかけるという。
---

これは基本的な考え方が間違っているのではないだろうか? この記事によると、厄介者扱いされているTIM-3と命名されたタンパク質がなぜ生成されるのかという本質的な問いを解決していなければ片手落ちだ。なぜなら正常な細胞でもこのタンパク質が生成されるからだ。ということは体にとって必要なものだろう。
続きを読む
posted by danpei at 11:23| healthcare