2014年02月25日

ますますSTAP細胞の業界破壊力を見せ付けられる話だ

STAP論文、修正へ 共著者の教授「単純ミス」
抜粋
------
若山氏(山梨大教授)は「不作為の単純ミスだと思う。画像は数百枚あり、小保方さんが勘違いで同じものを使ってしまったようだ。私を含め、共著者全員のミス」と話した。
筆頭著者の小保方(おぼかた)晴子・理研研究ユニットリーダーは「指摘されて初めて(ミスが)分かった。全く気付かなかった。研究そのものを疑われるのは悔しい」
-------
ダイヤの原石は磨かれるごとに輝きを増す。驚異的な科学的技術も体制側の権威や権力を破壊してしまうために彼らによる誹謗中傷を浴びるが、その科学技術自体の価値は毀損されない。むしろその逆だ。

科学技術の発展は歴史を見ればわかるが、大概パイオニアと言われている人物はバッシングを受けるものだ。そりゃそうだ、発見者以外は知らない事だし、我々の精神性は科学技術の発展に比べれば極めて低レベルなままで嫉妬や憎悪の感情に支配されている人間ばかりだから当然の結果なのだ。

 特にカネにならない驚異的技術は人類全体にとっては福音だが、体制側にとっては普及して欲しくない技術だ。多分STAP細胞もその一つだろう。

続きを読む
posted by danpei at 09:57| science

2014年01月31日

雑誌「ネイチャー」は神の代理人なのか?

小保方さん 自分に言い聞かせ頑張ってきた (STAP細胞)

一部抜粋
---
小保方さんの研究は、これを覆すもので、初めにイギリスの科学雑誌に論文を投稿したところ、「あなたは、過去何百年にもおよぶ細胞生物学の歴史をばかにしている」と返答され、悔しい思いをしたと小保方さんは会見で話していました。
---

論文一時は却下…かっぽう着の「リケジョ」快挙
一部抜粋
--
権威ある科学誌ネイチャーに論文を投稿したが、掲載は却下され、審査した研究者からは「細胞生物学の歴史を愚弄している」という趣旨のメールも届いた。肩を落とす小保方さんを、幹細胞研究の第一人者である笹井芳樹・副センター長(51)らが支援。データを解析し直し昨年3月、論文を再投稿。掲載が決まった。
--

これは忘れないうちに一言言っておきたい。これでわかることは、われわれ人類は雑誌「ネイチャー」のさじ加減で科学技術の発達が左右されているということだ。科学界やメディアそしてわれわれ一般市民はネイチャーと言う「印籠」にひれ伏しているのだ。これは問題だよ。
今回は小保方さんのド根性の結果、渋々認めたのだろうが、多分、ネイチャーに潰されている極めて重要な科学的発見はまだたくさんあると思うね。


続きを読む
posted by danpei at 07:48| science

2014年01月29日

京大iPS研究所は内心ビビってんじゃないのか(笑)

(体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見
−細胞外刺激による細胞ストレスが高効率に万能細胞を誘導−理化学研究所)


これは凄すぎるね。もしモノになる可能性が高いなら、世界中から注目される。iPS細胞発見ですぐにノーベル賞が出たのに、それ以上の手法と思われるものがその後すぐに開発されるとなれば驚愕だ。
 京大iPS研究所は、まさか同じ日本国内から自分たちの技術をベースとしない万能細胞開発技術が出てしまうとは予期してなかったんじゃないのか?彼らからすれば思わぬ伏兵だ。おまけに、iPS細胞のがん細胞が出てしまう欠点もなく、早く増殖し、技術的にもこれまでの方法と比べてそんなに難しくはなさそうだし。
 日本人としては誇らしく思うし若い女がそのリーダーと言うのも頼もしく思えるし、喜ばしいことだが、研究者達にとって見れば競争相手が突如として現れて大変だよなあ。日本は他の国では見られない多くの電機メーカーがひしめき合って今は落ち目だが、今後は遺伝子工学の領域で日本国内でしのぎを削るようになるのだろうかね?
続きを読む
posted by danpei at 23:29| science

2013年06月02日

やっぱり、女と女で子供が出来るんだな

(エピジェネティクス 操られる遺伝子の謎 - ガリレオX)

今さっきBSフジでたまたまこの番組を見たが、卵子と卵子で生まれたマウスを紹介していた。
(限定的ながら)女と女で子供が出来ると筆者の読んだ本では言っていて、かつて筆者が記憶していることには、女性雑誌でも男が全く介在しないで女が妊娠した話があったから、本当に女だけで子が出来るんだなと思ったよ。
女のY染色体をベースに男が出来ているからあり得るのかもな。多分専門家はこのマウスは特殊なやり方で出来たのであり、自然界ではあり得ないと言うだろうがね。まあとにかく、詳しいことはよう知らん。

それにしても雄が介在しないで出来たマウスって既に10年近く前に発表されていたとは知らなかったなあ。
posted by danpei at 12:43| science

2012年10月24日

生体に無害な電磁放射の研究が必要だ

(KDDI電磁波裁判、退けられた住民の訴え)

こんな事言ったら笑う人が多いと思うが、テレパシーが使える人が多ければ基地局もそれに使用する電気も携帯も必要ない。そして電磁波による公害も発生しない。
続きを読む
posted by danpei at 13:18| science

2012年10月10日

国の科学技術予算の配分は適正なのか?

(ノーベル賞・山中さん 寄付続々、一晩で160万円)

この記事は苦笑してしまう。マラソンを完走したら寄付して欲しいなんて、能のない芸人がやることだ。それを世界的な発見発明をし、後のノーベル賞受賞者が行っていたなんて。体ぶっ壊すようなことはやめてもらいたい。大学教授はそんなに困窮しているのか?東大ではなく京大の教授だからなのか?まるでアマチュア研究家のようだ。市民ランナー川内優輝を思い出すよ。

仮に既に国の予算をもらっていたとしても、研究予算にあてるボーナスとして、国から1億くらい進呈しても問題ないだろう。

「科学技術の振興に努めてまいります」と野田首相が言ったそうだが、それならまず現ナマをすぐに山中氏らの研究グループに贈呈すべきだ。
 筆者も少額ながら寄付するか。そんなことやっているなんて今回初めて知ったよ。マラソン走って体をこわして欲しくないしね。
posted by danpei at 10:30| science

2012年09月08日

ブラウンガスとは酸水素ガスと同じものか

スターリングエンジン(外部の熱をエネルギーに変える装置)がフリーエネルギーデバイスだという英語のページを見て、作り方を50ドル程度で売っているサイトがあるのだが、具体的な出力について何も記載されていないので、ちょっと検索したら、既に日本企業もそれを活用しようと研究開発し、工場の廃熱を再利用しようとしているというニュースが、もう4年くらい前にNHKで放映されていたのをYoutubeで知った。リンナイはこれを欧州に1000個ほど輸出するとか報道していた。また、小出力だが市販品も既にある。
 スターリングエンジンは太陽光発電よりも効率がいいそうだが、家庭では実用的かどうか疑問なのだが(超効率だとしても出力に対する設備がでかすぎるので)、でも既存の製品にスターリングエンジンを付けて効率化するというのならメーカーはやるべきだと思うね。給湯設備やエアコンの室外機なんて最適じゃない?とは言ってもほんの少しの効率化だけだろう。

続きを読む
posted by danpei at 15:29| science

2012年07月25日

要するに人類は核技術について満足なレベルには達してないんだな

(大飯4号機警報作動 監視続ける)

抜粋
「原子炉内の1次冷却水の温度を監視する温度計の1つで警報が作動しました。
この温度計は、1次冷却水の温度が上昇しすぎていないかを監視するため、336度に達すると警報が鳴る設定になっていて、25日朝は瞬間的にこの値を超えたということです。
1次冷却水を監視しているほかの温度計は通常の値を示し、原子炉の圧力などのデータに異常がないことから、関西電力は、温度計の警報は、水の流れなどの影響で温度が一時的に上がったためとみて、出力を下げるなどの対応はとらずに、監視を続けるとしています。」

経済産業副大臣らの立ち会いなんてまったく意味がなかったね。見切り発車だ。
そして核技術そのものも見切り発車で運用されているから、原発はしょっちゅうトラブってばっかりなんだろう。

 本で地震は核融合で起きると主張する元ヤマハ発動機でエンジン設計していた著者を思い出したよ。浜岡原発で起きた配管が破裂した現象について、破断面を見た限り調査委員会が発表したものでは納得できず、何らかの反応が配管で起きたとか本で言っていた。確か、水素分子ならぬ単一の水素原子同士が結合した時のエネルギーが原因ではないのかと推測していた。
(正確なことは該当の本を読んでください。手元にその本がないのでうろ覚えて書いています)

とにかく、今回の報道で原発が電力会社や官僚の怠慢だけではなく、人類が持っている科学技術の面においても安全なんてまったく考えられないと思ったね。
posted by danpei at 13:22| science

2012年07月19日

地球は更に激烈な気候になる 他

(120平方キロの巨大氷塊分離=山手線内側の2倍―グリーンランド)

筆者は陰謀論者がいう地球温暖化詐欺はまったく賛成していない。人間の活動による温暖化は間違いない。なんせここ数百年で爆発的に人口が増えているのだからこんなにわかりやすい話はない。
 人が増えれば化石燃料を使うし人も息を吐くし、宅地造成やら焼き畑農業で森林は消失する。これらの理由で大気に占めるCO2の比率は以前に比べて酸素より高くなる。CO2は酸素より比熱が高い。だから暖かくなるのは当然の帰結だ。
 しかし、外部要因による寒冷化がある。太陽活動の低下だ。最近日経や日経サイエンスで太陽活動の異変を報じている。加えてこのような報道以前から地球は氷河期(小氷河期)に向かうという話を複数から耳にしているので、結果として地球の気候は、人間による活動が起こした温暖化のベクトルと、人間を除いた自然の営みによる寒冷化のベクトルが激しくせめぎあって、更に不安定な気候になるだろう。
天気予報の精度が悪くなり、局地的に急激に天候が変化する場所が更に多くなる。TVに出てくる気象予報士は恐縮しっぱなしになるだろう。石原良純みたいにしょっちゅうキレてしまえばいいのかもしれんが(笑)
続きを読む
posted by danpei at 23:37| science

2012年06月06日

金星はシミのようで言われなきゃわからない

金星の太陽面通過

等倍
sunvenus.jpg
10:30分頃

金環日食の時のように黒マルチ2枚重ねで撮影。輪ゴムで二枚重ねの黒マルチをレンズにピンと張った
NikonD40 f9 1/1250 ISO200 露出補正-3.3 スポット測光

明るいマクロレンズ(AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G)で撮影したが、明るすぎるのでシャッタースピードが上がっている(プログラムオートで撮影)。キットレンズでも同じように撮影できるだろう。
posted by danpei at 10:53| science