2012年05月21日

マルチ2枚重ねで日食が見られた

nisshoku.jpg

金環日食を見るための眼鏡がネット広告で目に付いていたから、家ではどんな日食になるのかと調べたら、金環日食にはならないが結構日食が進むことがわかった。

それで食が一番進む時間までに何とか見てみたいと今朝色々試したら、黒マルチ(畑に張るポリエチレンフィルム)を2枚重ねると結構良いあんばいで見られることがわかった。上の写真は左手で一部切り取ったマルチを2枚重ねにして太陽に向け、右手でカメラ撮影した。
一応サングラスはしていた。続きを読む
posted by danpei at 08:29| science

2012年02月27日

天文学者はコンピュータシミュレーションの結果のみを真実と見なすのか? 他

(浮遊惑星の数、恒星の10万倍?)

前半部抜粋
「生まれ故郷の恒星系からはじき出され、銀河を漂う“浮遊惑星”は、別の恒星やブラックホールの軌道に捕捉されている可能性の高いことが、最新シミュレーションによって明らかになった。また別の研究によると、浮遊惑星の数は従来の予想をはるかに上回る可能性があるという。

 かつて天文学者たちは、浮遊惑星が存在する可能性など一笑に付していた。ところがここ数年、間接的な観測とスーパーコンピューターによる詳細なシミュレーションによって、銀河の放浪者は実在する可能性が示唆されている」

本当に天文学者がそう思っていたのか?信じられん。例えば我々の太陽は質量が小さいから最期は白色矮星になるといわれているが、白色矮星になったら、冥王星や海王星などの太陽からかなり離れた星は宇宙を放浪してしまうのはごく自然な見方だと思うのだが。
 超新星爆発した恒星の周りを回る惑星でも、恒星から相当離れていれば爆発の被害に遭わずに単に糸の切れた凧のようにどっか行ってしまうと思わないのだろうか?
続きを読む
posted by danpei at 18:18| science

2011年11月28日

工学的応用で終わるか?それとも全く新しい物理法則の発見に繋がるか?

フリーエネルギー、UFO、第3起電力で世界は大激変する 永久機関の原理がすでに見つかっていた 出井治

フルフォード氏のブログを久しぶりに見たら、出井治という名前が出ていたので、「あれ?、どっかで見たような記憶があるな」と思ったのだが、もしやと思っておよそ20年前に買った「未知のエネルギーフィールド」という本を取り出し中身を見たら、やっぱりそうだった。
 この本の中でEMAモーターというアメリカで開発された不思議なモーターについての考察記事を書いた人がその人だ。筆者はWeb上でこの人の所属する組織のHPを見つけられなかったから、てっきりこの人も行方不明になってしまったか!(笑)と思っていたが、その後も研究を続けていたんだ。早速手に入れて読んでみた。続きを読む
posted by danpei at 13:14| science

2011年10月06日

先駆者はどこでも最初一笑に付される

(ノーベル化学賞にイスラエルの科学者 準結晶の発見で)

ロシアのTVでは、この人はいかさま師と言われていたと報じていたね。
 滋賀の大工が考案したという、磁気抵抗を減らす発電機にしても、最初メーカーや大学の研究所に事業化を申し込んでも門前払いされたそうで、最終的には京都大学の学生課に電話したのがきっかけで認知されたのだという。

結局どっかのお偉いさんがお墨付きを与えないと全く考慮しない人ばかりというわけだ。西澤潤一氏が光ファイバーの概念を最初発表したときの話を思い出すよ。続きを読む
posted by danpei at 08:22| science

2011年04月11日

まだ原発にこだわっているのか

(さよならウラン、こんにちはトリウム)

テレグラフ紙によると中国科学院は、「トリウム溶融塩炉システムを選択した」と述べている。



「この原子炉は驚くほど安全な構造になっている。もし、過熱し始めると、小さな栓が溶けて溶融塩は鍋の中に排出される。津波で損傷して使えなくなるコンピュ−タ−も、あるいは電動ポンプも不要である。原子炉自体で安全が守られる」続きを読む
posted by danpei at 12:05| science

2010年12月28日

電力消費なし?まさか冷たい電流の事か?違った..

(電力消費なし、レアアースなしの、超高密度ハードディスクが実現できる?)

HDDは、コイルに電気を流して磁場を作り磁性体を変化させて記録しているが、千葉大学ではコイル無くして電場のみで磁性体(ここではナノレベルの鉄)の磁石の向きを変えられたという。続きを読む
posted by danpei at 09:24| science

2010年10月14日

物理学者のミチオカク:新世界秩序に反対する全ての奴らはテロリストだ

(加來道雄:文明の移行期)

kaku.jpg
Surely You're Joking, Mr. Kaku! -Youtube (3:23あたり)

以前彼の本を好意的に紹介した(2007年01月01日あけましておめでとうございます)が、その後テレビで見た、未来の医療システムを紹介した番組で彼が出てきて、電子ファイル化されたシステム上で医療を受けられる資格がなければ自動的に最低レベルの治療しか受けられない事(この部分はうろ覚えなので正確ではないが、とにかく今のアメリカの医療制度を更に悪くした印象であったのは間違いない)を当然のごとくしゃべっているのを見て、この人に対して違和感を覚えたのだが、やはり彼はそう言う男だったんだな。
posted by danpei at 20:33| science

2010年10月03日

除草剤などの農薬を代替するものはないのか

(モンサントのラウンドアップと出生異常)

都会に住んでいれば無農薬有機野菜が最高と単純に思う人が多いかもしれないが、実際問題栽培する側からすれば、現時点で農薬に代わる方法が見つからない限りこの問題は永遠に続く。ウチの近くのホームセンターに行けばラウンドアップはもちろん、業務用、ガーデニング用多種多様な除草剤が売られている。自然の薬剤を使ったものは除草剤では見あたらない。防虫剤では2種類だけ見つかった。続きを読む
posted by danpei at 10:09| science

2010年08月09日

イオンエンジンは既に実用化されているのか

(丸の内の「はやぶさ」展示は整理券配布 イオンエンジン開発秘話などトークショーも)

惑星探査機はやぶさが多くの日本人の心を捕らえているようだが、筆者は全く興味がなかった。しかし記事中、イオンエンジンという言葉を見つけて、「ああ実用化されているんだな」と思った。子供の頃、百科事典で見た未来のロケットという中にイオンロケットという言葉があったからだ。続きを読む
posted by danpei at 12:09| science

2010年04月05日

エマルジョン燃料とは創世水を使ったものなのか。

http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/207.html
(水と油を混ぜて新燃料  FUKAIグリーンエマルジョン燃料 TV信州)

重油と創世水をほぼ半分混ぜたものを燃やすと重油そのものと同じエネルギーを出し、すすが出にくくなる。窒素酸化物も激減。番組では創世水とは言っていないが、インタビューに答えた人が言っていた。続きを読む
posted by danpei at 13:35| science