2012年04月20日

笑っちゃうくらい二重基準で偏向のマスメディア

(録画機が売れない理由)

TVが激安になったからレコーダが割高に見えて買う気がしないというのが主な理由だそうだが、それ以前にテレビで放送される内容が見るに値しないものばかりなのが問題だろう。
 現在自宅では地上波は日テレ系列しか映らないが、朝の番組のZIPは高視聴率と聞く。せいぜい20代しか見ないような番組なのに不思議だね。若者世代はテレビより携帯デバイスだろう。今のテレビ視聴率は極めて少ないサンプルで調査しているとしか思えない。実体は日テレが少し見られているだけで他の局は散々な状況だろう。

そんなことはどうでもいい。
続きを読む
posted by danpei at 10:02| media

2012年04月07日

フジサンケイグループは自らの失態から何も学んでいない

(国民新党クーデターは“銭闘”!4億円争奪戦の行方)

抜粋
--
双方の主張がここまで食い違うのは、国民新党の党則の欠陥が原因だ。

 下地氏は「党所属の議員の過半数で総会を開き、そこで決まったことは有効だ」というが、党則に議員総会に関する規定はない。また、党代表についても「党の最高責任者であって、党を代表し、党務を総理する」とあるが、総会招集の権限は明記していない。
信じがたいお粗末ぶりだが、
--
zakzakは今回の事件を矮小化し嘲って高みの見物で見ているが、7年前自分らも寝首を掻かれそうになったことを忘れてしまったのか? 喉元過ぎれば熱さを忘れる愚かなメディアだ。
 7年前も今回も法や規則に書かれていないことは何もやっても構わないという無法者の極めて都合の良い解釈で、7年前は堀江貴文がフジサンケイグループを乗っ取ろうとし、今回は国民新党が下地らに乗っ取られたのだ。
続きを読む
posted by danpei at 16:41| media

2012年02月23日

マスコミは風見鶏。風向きが変わればこれまでのスタンスをすぐに翻す

(小沢氏裁判、ウソ記載の捜査報告書入手 TBS)

これは、一見するとTBSが検察権力に対峙したかのように見受けられるが、基本的に主要マスコミはこれまで検察寄りのスタンスで反小沢一郎一色。ニュースや政治ショー番組で小沢一郎に猛烈なバッシングを行っていたのだ。
 だから、今になってこんなもん出されても、ふざけているとしか言いようがない。裁判所が検察の証拠を採用して小沢が有罪になる可能性が高くなるなら、この資料は公開せず秘匿したままにしていただろう。
続きを読む
posted by danpei at 10:06| media

2012年02月20日

NHKの動物番組の制作者はサディストなのか?

(ワイルドライフ)

予告動画が面白いと思ってちらっと見たが、またNHKお得意の外敵に食われるかそうでないかハラハラさせるシーンを長く映していたので即座にテレビを消した。
野生のインコがイモリのでっかいのに狙われているシーンだ。
続きを読む
posted by danpei at 21:23| media

2012年01月06日

最悪の事態を想定した発言がなぜ疎まれる?



メディアは国民を赤ちゃん扱いにしているね。ユーロが破綻すると言った閣僚も咎められ、まるで政治批判は御法度の中国のようだ。もしくはR18指定の映像を見てはいけないと言われているようなものだ。

続きを読む
posted by danpei at 16:27| media

2011年12月29日

今年はテレビによる世論操作が効かなくなった最初の年だな

(財務省 古賀茂明氏筆頭の増税反対派出すなとTV局に圧力)

若者はテレビをあまり見なくなり、筆者も地デジ完全移行元年の年に地デジを見られなくしてしまった。以前評価していたNHKクローズアップ現代は国谷キャスターのみだけの評価であり番組内容は洗脳番組になってしまった。東大の教授を使って増税しかないと吹聴していた(2011年09月13日増税で財政再建が空しい努力なのを示したクローズアップ現代)続きを読む
posted by danpei at 09:43| media

2011年11月11日

そろそろニュースショー番組は止めた方が良い 他

(「めざましテレビ」のメーン司会を任される伊藤利尋の殺人的スケジュール)
このアナウンサー、てっきり筆者より年上かと思ったら年下だった。いつの間にか甲子園球児より年上になり還暦の方がすぐそばまで迫って来るようなこの頃だ(笑)
 コメントでも言及されている生野陽子アナは必死に眠気を抑えている様な顔で大丈夫なのかと思っているのだが。

..とか何とか言っているが、筆者は先週からCATVを止めて地上波は全く見られなくなった。寂しい気持ちもあるが、やっと都会の喧噪から抜け出たような開放感があるね。続きを読む
posted by danpei at 14:01| media

2011年10月28日

取材される側は一般人でもICレコーダー必須だな

(田原俊彦「俺はビッグ」発言は捏造!? 名誉回復へ)
「番組では当時の記者会見の模様がノーカットで放送され、当時テレビで放映されたVTRのあまりにも悪意のある編集に「俊ちゃんかわいそう」の声が巻き起こっている。」

(取材される側の「恐怖」―報道機関はどこまで意識しているのか)
「取材した相手に対して、出稿前の原稿や放映前の番組を見せないというルールがある。これは取材相手、特に大きな権力を持った相手からの検閲という形の圧力によって報道の自由を奪われないための非常に大切な決まり事だ。」続きを読む
posted by danpei at 08:56| media

2011年09月11日

マスメディアは被害者を利用して政治家を叩きアクセス数を上げる

(鉢呂経産相が辞任 問われる首相の任命責任)

産経、読売、嬉しくて仕方ないだろう。ちょっとでも被災者に不敬なことを言ったら政治家を叩いて辞任に追い込む。確かに前のヤクザ口調の復興大臣は酷かった。でも今回はそんなに酷いことを言ったか? 感想を述べただけで失言。「死の街」は紛れもない事じゃないか。確かに被災者にはきつい言葉かもしれないが事実だからしょうがない。それに鉢呂氏は被災者を愚弄して発言したのではないのだ。これはすべての発言を読めば誰でも理解できる。そして「放射能が付いた」ことについては辞任前にどこも正確な報道をしていない。
 揚げ足取りばかり終始し、この国の政治をめちゃくちゃにする愚かなメディア。こいつらこそ反省すべきだ。続きを読む
posted by danpei at 09:53| media

2010年12月30日

日経ビジネスもまともに読む気にならない 他

市場分析記事ばかりの日経エレクトロニクスがあまりにもつまらないので、定期購読をやめたいと電話したらもう既にカネは返金できないのだという。しかし、他の雑誌に変えることは可能だということで日経ビジネスに変えたが、最新号を今さっき見たら分かり切った意見ばかりで全く読む気になれない。続きを読む
posted by danpei at 10:59| media